zumenkoubou-naoya.cocolog-nifty.com > 笑顔 (東日本大震災)

東日本大震災より、丸6年が過ぎました。目で見える復興は本当にゆっくりですが進んでいます。ある人が、阪神淡路大震災も20年をかけ復興を考えた・・・。と話されてました、だとすればまだ たった6年しかたってません。震災に遭われた皆様の心の内を思うと、何もできない自分達の無力さばかりで胸を締め付けられます。でも今年も春が廻ってきました。大地の生命力、エネルギーが皆様の生きる力に寄添ってると信じたいです。私事ですが、私の母は今年93歳になります。関東大震災が起きたのは母が誕生する1年前で、祖父が復興を願い母の名を興子(おきこ)と名付けたそうです。母たちはその当時、満州国・奉天に住んでいて海の向こうの祖国の大災害を祖父たちがどれほど心を痛めていたか母の名前から想う事が出来ます。今の世の中は情報が伝わるのは一瞬の間。世界中で起きる災害を知り、それぞれの立場で出来る事で力を尽くしてます。その方々には本当に感謝の気持ちを持ち、何もできない私達はせめて忘れないでいたいものですね。7年目のこの一年、一人でも多くの方が当たり前の生活ができる様になれば良いと願っております。