フォト

☆自然散歩の写真館☆

  • 36 水色日本雨蛙
    身近な自然を写真で紹介します。 ほとんどの写真が庭や散歩中に撮ったものです。 うさぎの鼻の上にとまっているウラギンシジミは、毎年やってきます。とてもなつっこいので以前飼ってた犬が生まれ変わって遊びに来ているのではと思ってます。

☆なおかつさんちの猫写真館☆

  • Earo_tiko_miko
    三毛猫エアロ♀ きじとら猫 チーコ♀ グレー猫 ミーコ♀はなおかつの家族です。 私達家族にかかわる、猫ちゃん・犬ちゃんの写真館です。

☆緑と彫刻の散歩道☆那智が丘

  • 38 《ZOOMORPHISM-雄》 杉山 仁氏
    団地の公園の中に☆緑と彫刻の散歩道☆という彫刻を紹介します。

☆Mariko.S An Illustration

  • M042 お昼寝
    真理子は〝なおかつ〟の長女です。娘の心の世界観を彼女の感性で描いてます。ご覧いただければ幸いです。

☆フォトエッセイ集 言霊(ことだま)

  • 表紙 ケマンソウ(鯛釣草)
     なおかつ フォトエッセイ集 言霊(ことだま)を紹介します。 言霊(ことだま)は、皆様の応援をいただいて、私たち夫婦(なお&かつ)が心をこめて作ったフォトエッセイ集です。是非、ご覧になってください。一冊2500円で販売してます。また、ポストカードも1枚100円で販売してます。ご希望の方はメールでご注文をお受けしますので宜しくお願い申し上げます。     『言霊』取扱店舗紹介  ○秋保 木の家(仙台市太白区)  ○図面工房なおや(名取市) お陰様で『言霊』は完売いたしました。 有難うございました。 『言霊2』を出せる様頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

☆フォトエッセイDVD「半世紀」

  • 表紙
    なおかつが半世紀生きた今だからこそ思うこと・・・をDVDにまとめました。癒やしのクラッシックオルゴール音と共にフォトエッセイのスライドショウをご覧いただけます。価格は2,000円(税込)です。

笑顔 (東日本大震災)

  • 春の息吹き(いのち)
    東日本大震災より、丸6年が過ぎました。目で見える復興は本当にゆっくりですが進んでいます。ある人が、阪神淡路大震災も20年をかけ復興を考えた・・・。と話されてました、だとすればまだ たった6年しかたってません。震災に遭われた皆様の心の内を思うと、何もできない自分達の無力さばかりで胸を締め付けられます。でも今年も春が廻ってきました。大地の生命力、エネルギーが皆様の生きる力に寄添ってると信じたいです。私事ですが、私の母は今年93歳になります。関東大震災が起きたのは母が誕生する1年前で、祖父が復興を願い母の名を興子(おきこ)と名付けたそうです。母たちはその当時、満州国・奉天に住んでいて海の向こうの祖国の大災害を祖父たちがどれほど心を痛めていたか母の名前から想う事が出来ます。今の世の中は情報が伝わるのは一瞬の間。世界中で起きる災害を知り、それぞれの立場で出来る事で力を尽くしてます。その方々には本当に感謝の気持ちを持ち、何もできない私達はせめて忘れないでいたいものですね。7年目のこの一年、一人でも多くの方が当たり前の生活ができる様になれば良いと願っております。
無料ブログはココログ

No.643 片栗の花 ( 花言葉:初恋・情熱・淋しさに耐える )

643_1000_2

かたくりの花は4月初めの頃、私達が住む裏山では咲きます。

ユリ科の多年草です。種が地中に入ってから平均 8 年後に

花を咲かせ、10日程で花は終わり、又地中で春を待ちます。

春の日差しの下、周りの空気読んで花開かせます。

デリケートな植物ですね。

私達がかたくりの花に心惹かれるのは、自然に逆らわず、

宇宙の営みの中生きている姿なのでしょうね。

謙虚に、大きな見えない力で生かされている姿に・・・。

人間も、この星で同じく生かされている生き物なんですよね。

今年も、我団地では裏山に咲くかたくりに会える「かたくり祭」が

開催されました。人の手を加えた群生地ではなく、自然に林の中に

群生しているかたくりの花に会いに・・・。

宇宙と大地の不思議なエネルギーを、私達に癒しという形で伝えて

くれますね。

かたくりの命は自然にお任せして、

私達は大切に見守りたいものですねhappy01good

No.642 夢見草 ( 桜/花言葉:精神美・心の美しさ )

642_1000_2

人は自分の年齢と同じ回数だけ春を迎えますね。

私の母は今年94歳です。

94回春を迎えました。

桜の花を94回見て来た・・・。赤ちゃんの時は記憶にないので

わかりませんね、それに春に桜を一度も見ることなく過ごした

春もあったはず。そう考えれば何年、桜見上げて来たのだろう。

私はどうだろう・・・。最近気が付きました。桜を見る自分が変わ

って来ている事に。母に聞きました。

「桜何処かで見れたの?」「見たよ。デーサービスに行く車の中で・・・。」

心の中で、今年も見れてよかったね・・cherryblossomscissors

来年もそう会話ができればいいね・・・と。

桜が咲くと嬉しく、散って行く姿に寂しさと。

又一年過ごす日々に、前向きになれるそんな気にさせられる季節。

桜や季節に人生を重ねる方のお話をよく見聞きいたします。

胸に響くこの頃になりましたね~confidentear

仙台市生出市民センターにての一ヶ月間の展示会も、お陰様で

終了いたしました。又、新たな出会いやご縁も出来ました。

ご覧頂いた皆様には、心から感謝申し上げます。

ありがとうございましたlovelygood

No.641 燈台草 ( 花言葉:控えめ・地味・明るく照らして )

641_1000

最近よく聞くのですが、最低の必要な物だけで暮らす・・・と。

老後の生活は余分な物を断捨離してシンプルに生きる。

賛同できる頃になりましたねhappy01scissors

これからの余生に、何が必要で何が余分なのか・・・。

又、思い切りも必要ですね。

よく、1年も使用しなかった物は捨てようとか・・・。

処分出来ないけど、残してもなぁ~・・・と思うものにアルバムが

あります。たまに眺めて、出るのはため息だけ。

そのうち開く事もなくなりますね。

少しずつ身の回りのシンプル化に努力して行こうと思う

この頃で~すconfidentsweat01

No.637 蝦夷延胡索 ( 花言葉: - )

637_1000

近所の神社の桜が咲き始めました。

朝晩はまだまだ冷え込みますが、昼間は暖かく春ですね~heart

野山には、カタクリ、イワウチワ、エゾエンゴサク、と

スプリングエフェメラル(春の妖精)達が春の訪れを告げてます。

又、カレンダーを一枚めくり新しい季節を迎えましたね。

桜前線もあっと言う間に北上して、日本中を桜色に染めてますcherryblossom

かつさんは新しい命に出遭う楽しみで、毎朝撮影に出かけてます。

そして、植物や小動物達の美しさや強さに元気と感動を充電させて

いただいてまsign04happy01goodす。

sign04goodす。

No.636 融氷

636_1000

3月11日午後2時46分、今年もサイレンが鳴り響きました。

高台にある自宅から、海を望み合掌・・。

丸7年が経ち、あの日への想いは薄れることなく心が痛みます。

太平洋戦争から70年以上が過ぎ、よく聞く事に戦場に行って

生き残れた人々が何も語らなかったと。生存されている方々も

90歳以上、もちろん戦争を知らない人口が多くなりました。

こうして歴史の1頁となって行くのですね。

この様に、東日本大震災も年々歴史の中の1頁になって行く

のかも知れませんが、今はまだ心の痛みをもつ方々に、何ら

かの方法で少しでも寄り添いたいものですね。

内陸に住んでいて被害は最小に済みましたが、ライフライン等

の不自由は経験しました。家族や町内の方々、友人助け合い

過ごしました。ひと月後咲いた桜の花に癒され、嬉しかった事

美しさが瞼に甦ります。10年ひと昔、されどあっという間。

今朝我が家に、かつさんの親戚の方の訃報が届きました。

震災でお身内を亡くされた悲しみ、我が家もこの悲しみが・・。

重ねられるものではありませんが、胸が苦しいですね。

人間何時かは、逝ってしまいます。

それが生きるという事なのですね・・・thinkpaper

No.635 三人官女(お雛様)

635_1000_2

今年も3月3日が巡って来ますね。

外は春の嵐で、風や雪が舞ったり日本全国大変sign01

そんな中でも、お日様の暖かさは「春」だなぁ~sun

我が家の100年前のお雛様もお目見えです。

今年は、展示会にて大きく伸ばしたフォトエッセイの中、

活躍してくれてますよwinkgood

仙台市生出市民センター「春が来た♪」展開催

仙台市生出市民センターにてなおかつフォトエッセイ「春が来た♪」展開催致します。

日時:3月1日(木)~3月25日(日)

    午前9:00~午後5:00

休館日:月曜日、3月22日(木)

会場:仙台市生出市民センター「生出の森美術館」

2018031000

春の草花・お雛様・震災の思い出等展示しております。

是非、お越しください。

No.625 南天の実 ( 花言葉:福をなす・良い家庭 )

625_1000

一月も数日で過ぎますねthinksign04

雪が降り真っ白になった中、赤い南天の実が鮮やかに見られ

ます。ほとんどの実は鳥達に食べられ無くなっているのに・・・。

よほど美味しくないんでしょうねbearingsign02

難を転ずる・・・と言われ、庭先に植えられています。

千両、万両とお正月に縁起の良い実とされてます。

2月3日は節分ですね。そして4日は立春shine

冬から春に季節が移る前の日が、3日・・・。

立夏、立秋、立冬、それぞれ季節の分け目の前日は節分、

2月3日だけが節分ではないそうです。

日本では春が来たnoteのを新しい一年の始まりと考え3日の日に、

前の年の厄祓いに豆をまき新年の平穏を願う行事が平安時代

から続いているそうです。

歳の数だけ豆を食べるそうですが、この歳になると全部は胸やけ

しますよねcoldsweats01

恵方巻は今年は南南東の方向を向いて無言で食べられると

縁起が良いとか・・・。

七福神にちなみ七種の具材をまいた海苔巻一本切らずに食べる。

これも、この歳になると一本はねぇ~deliciouspaper

信じるも信じないも、良いと言われる事はやってみるsign03

春になる行事とは言え、まだまだ寒さ厳し~ぃbearingsnow

No.630 frost flowers (薄/花言葉:生命力・悔いのない青春・活力)

630_frost_flowers_1000

どんと祭も終わり、お正月もあっという間にすぎましたね。

三寒四温まさにそんなこの頃、寒い日と暖かい日が10度も

気温の差があり体調管理にも気をお使いなのではsign02

関東地方ぐらいまでは、2月になれば大分春らしくなりますが

東北はこれからが益々寒さが厳しくなります。

本当に春が待ち遠しいですねconfidentpaper

No.632 初日の出2018 (那智が丘)

632_2018_1000

今年の初日の出は、水平線に雲があり雲から顔を出した

日の出でした。

お天気の状態があまり良くない予報でしたが、思った程

ではなくお日様に逢う事ができました。

水平線あたりが、朱色に染まり始めてから日の出の間

ずっと見ている時ふと思いました。

太陽は動かず、地球が回って私達の方から太陽に近ずき

そして通り過ぎ夜になり、又近ずき朝になる。

この変わらない地球の営みが、時を進め歴史を作り恵みを

頂く訳で・・・。

何が言いたいのかと言うと、お日様が昇って来るのを

待つのではなく、私達が会いに行くんだなぁ~happy01goodって事sign03

この一年、明日を待つのではなく明日に向かって進む姿勢で

過ごそうと、ちょっと・・・気が付かされたんだよねsun

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

秋保天守閣公園・木の家

エステサロン おかあさん

アトリエの森 パート2

さくらの訪問看護ステーション

最近のトラックバック