フォト

☆自然散歩の写真館☆

  • 36 水色日本雨蛙
    身近な自然を写真で紹介します。 ほとんどの写真が庭や散歩中に撮ったものです。 うさぎの鼻の上にとまっているウラギンシジミは、毎年やってきます。とてもなつっこいので以前飼ってた犬が生まれ変わって遊びに来ているのではと思ってます。

☆なおかつさんちの猫写真館☆

  • Earo_tiko_miko
    三毛猫エアロ♀ きじとら猫 チーコ♀ グレー猫 ミーコ♀はなおかつの家族です。 私達家族にかかわる、猫ちゃん・犬ちゃんの写真館です。

☆緑と彫刻の散歩道☆那智が丘

  • 38 《ZOOMORPHISM-雄》 杉山 仁氏
    団地の公園の中に☆緑と彫刻の散歩道☆という彫刻を紹介します。

☆Mariko.S An Illustration

  • M042 お昼寝
    真理子は〝なおかつ〟の長女です。娘の心の世界観を彼女の感性で描いてます。ご覧いただければ幸いです。

☆フォトエッセイ集 言霊(ことだま)

  • 表紙 ケマンソウ(鯛釣草)
     なおかつ フォトエッセイ集 言霊(ことだま)を紹介します。 言霊(ことだま)は、皆様の応援をいただいて、私たち夫婦(なお&かつ)が心をこめて作ったフォトエッセイ集です。是非、ご覧になってください。一冊2500円で販売してます。また、ポストカードも1枚100円で販売してます。ご希望の方はメールでご注文をお受けしますので宜しくお願い申し上げます。     『言霊』取扱店舗紹介  ○秋保 木の家(仙台市太白区)  ○図面工房なおや(名取市) お陰様で『言霊』は完売いたしました。 有難うございました。 『言霊2』を出せる様頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

☆フォトエッセイDVD「半世紀」

  • 表紙
    なおかつが半世紀生きた今だからこそ思うこと・・・をDVDにまとめました。癒やしのクラッシックオルゴール音と共にフォトエッセイのスライドショウをご覧いただけます。価格は2,000円(税込)です。

笑顔 (東日本大震災)

  • 春の息吹き(いのち)
    東日本大震災より、丸6年が過ぎました。目で見える復興は本当にゆっくりですが進んでいます。ある人が、阪神淡路大震災も20年をかけ復興を考えた・・・。と話されてました、だとすればまだ たった6年しかたってません。震災に遭われた皆様の心の内を思うと、何もできない自分達の無力さばかりで胸を締め付けられます。でも今年も春が廻ってきました。大地の生命力、エネルギーが皆様の生きる力に寄添ってると信じたいです。私事ですが、私の母は今年93歳になります。関東大震災が起きたのは母が誕生する1年前で、祖父が復興を願い母の名を興子(おきこ)と名付けたそうです。母たちはその当時、満州国・奉天に住んでいて海の向こうの祖国の大災害を祖父たちがどれほど心を痛めていたか母の名前から想う事が出来ます。今の世の中は情報が伝わるのは一瞬の間。世界中で起きる災害を知り、それぞれの立場で出来る事で力を尽くしてます。その方々には本当に感謝の気持ちを持ち、何もできない私達はせめて忘れないでいたいものですね。7年目のこの一年、一人でも多くの方が当たり前の生活ができる様になれば良いと願っております。
無料ブログはココログ

遠刈田温泉ゆと森倶楽部_なおかつフォトエッセイ「いのち」展始まりました

宮城県遠刈田温泉ゆと森倶楽部_なおかつフォトエッセイ「いのち」展始まりました。

今回の展示テーマは「いのち」です。

 いとおしいとき(愛おしい時)、はぐくむ(育む) 、そして今回はいのち(命)と3回目の展示となりました。

  「自分の命」を自分自身に問うてみた時、「命」は自分以外の命を想っていた事に気がつきました。

   今年になってから、同じ年代の数人の大切な友を見送ることになり想いました。命を失う心の痛み、命ある事の奇跡、愛する者の命は守りたいすべての命は平等であるべき々。

自分の命の答えは自然界の草花や宇宙の営みの中にありました。まだ、全ての答えは出ていませんが自然界に目を向けていると年々心穏やかになって行く様な気がしております。
                                       記 なお

Photo_2


1000

蔵王の自然の中、とても素敵な森の小さなギャラリーへ是非お越しください。

No.647 白詰草 ( 花言葉:約束・思い出して )

647_1000_2

クローバーの花を上から撮影したら、万華鏡を覗いた様ですwinkgood

今年は、天候のせいか庭にクローバーが沢山咲きました。

歩くのも 難しい程でしたが そのまま伸び放題に咲かせ、

まさに、クローバー畑を 楽しんでいましたclover

何となく、懐かしいような気もしてね・・・lovely

自然のなせる美しさは、変わることなく感動ですねhappy01scissors

No.653 雪の下 ( 花言葉:好感・恋心・博愛 )

653_1000

最近よくクイズ番組がテレビでありますね。

リアルタイムに見る事が出来ない時は、録画しておき寝る前に二人で

ボケ防止にと見ています。

毎回想うことは、この歳になって初めて知る事の多い事にビックリ

してしまいます。

草花の事もそうです。かつさんが撮影してきた植物を調べていると

名前にも、その理由にも又、絶滅しない様に生きる術を知ると、

なんで、もっと早く(年齢)知っていたらなぁ~なんて思います。

このユキノシタも、5~7月に花咲かせます。

子どもの頃から庭に咲いていたから、よく見ている白い小さな花

勝さんが撮った写真を見てビックリsign01 こんなにピンクの部分が・・・。

虫めがね手に、庭に出てよ~くみたら。あら~っlovelysign03

知らなかったsign04bearing     可愛いheart01   皆様も、こんな事ありませんかsign02

今まで知らなかった私の人生において(大袈裟ですか?)勿体無い。

薬草でもあり、葉っぱはてんぷらとして食べる事もできるそうです。

No.649 鶯神楽 ( 花言葉:未来を見つめる )

649_1000

鶯の鳴く時期に花が咲く事が名前の由来とか・・・confident

神楽はこの実を鶯がついばむ姿が神楽を踊っているようにみえるとかgood

花言葉が「未来を見つめる」だそうです。

「未来」という言葉に想う事は若い頃とは大分違って来てますね。

昔は自分の未来(夢)を想像したものですが、

今は子供や孫そしてこの世の中、世界。

山野の草花、もっと大きく考えればこの地球や宇宙の事までが未来

の事として想えるようになって来ましたね。

最近、昭和の映像が良くテレビに放映される事が多くなりましたね。

懐かしく見ながらも、時代の流れの速さを今更感じ、長い歴史の中の

ほんの数十年の自分の命の意味考えてしまいますよね。

さて、この先の未来に何を想えば良いのか・・・thinkrock

No.644 祐舜蘭 (花言葉: - )

644_a5

子供の我が儘、年寄の我が儘・・・。

最近思います。

自分に我慢ができないのが、幼い子供や年寄達。

子供の我が儘は、躾ける事が出来るが年寄の我が儘はね~coldsweats01

躾けられた相手を子供の様に躾けるのは、これまた難儀な事で・・・。

親の立場が逆転したのは何時の事だったか・・・。

いや親は未だに親だと子は何時まで経っても子供で、親を敬うのが当たり前。

あれしてsign01これしてsign01sign04 言いたい放題sweat01

はいshockはいshockimpact

結局、やってしまう自分bearingpaper

94歳の母を介護する日々。

自分はどんな年寄になって行くのだろうなぁ~。

人に迷惑かけず生きたいものだよねhappy01scissors

No.604 芍薬 (花言葉:恥じらい・優しい心・思いやり)

604_1000

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花

と美人の譬えとして、昔から言われてますね。

婦人薬として用いられる薬草から、この様に言われてるとも・・・。

芍薬の立ち姿は、きりっとして筋が通り見事な花を咲かせて

私達を楽しませてくれますよねlovelygood

今年は気候のせいか、庭先の花も山野花も花が大きく色濃く

咲いている様に見えるのは私だけでしょうかsign02

東北で見る植物に、暑い国で出会うとそういう事ありますよね。

太陽のお陰様なのでしょうかねsunbud

No.646 鳥形半鐘蔓 ( 花言葉:感謝 )

646_1000_2

西条秀樹さん、星由里子さん、朝丘雪路さんと・・・。

自分が生きて来た中で、共に年齢を重ねて来たタレントさん達の

訃報が次々と耳に入り、聞くたびに自分の今まで生きて来た時間

の中で心に残っている方々・・・。とweep

誰もがこの世から別れの時、来る事わかっているつもり・・・。

でも、受け止め方が以前とは少し変わって来た様に想うのね。

今年に入ってから、毎月の様に葬儀に参列して知人の見送りをして。

今日もお一人お見送りをさせていただきました。、

あまりにも毎月の様に続くので、今年はどんな年なんだろう?

なんて思ってます。thinksign04

輪王寺ご住職様のお話の中でおっしゃっていた言葉を聞き

このフォトエッセイを創ってみました。

平成30年、ある意味平成の最後の一年。

残りの7ヶ月心穏やかに過ごしたいなぁ~と今は思うのね。confidentpaper

No.643 片栗の花 ( 花言葉:初恋・情熱・淋しさに耐える )

643_1000_2

かたくりの花は4月初めの頃、私達が住む裏山では咲きます。

ユリ科の多年草です。種が地中に入ってから平均 8 年後に

花を咲かせ、10日程で花は終わり、又地中で春を待ちます。

春の日差しの下、周りの空気読んで花開かせます。

デリケートな植物ですね。

私達がかたくりの花に心惹かれるのは、自然に逆らわず、

宇宙の営みの中生きている姿なのでしょうね。

謙虚に、大きな見えない力で生かされている姿に・・・。

人間も、この星で同じく生かされている生き物なんですよね。

今年も、我団地では裏山に咲くかたくりに会える「かたくり祭」が

開催されました。人の手を加えた群生地ではなく、自然に林の中に

群生しているかたくりの花に会いに・・・。

宇宙と大地の不思議なエネルギーを、私達に癒しという形で伝えて

くれますね。

かたくりの命は自然にお任せして、

私達は大切に見守りたいものですねhappy01good

No.642 夢見草 ( 桜/花言葉:精神美・心の美しさ )

642_1000_2

人は自分の年齢と同じ回数だけ春を迎えますね。

私の母は今年94歳です。

94回春を迎えました。

桜の花を94回見て来た・・・。赤ちゃんの時は記憶にないので

わかりませんね、それに春に桜を一度も見ることなく過ごした

春もあったはず。そう考えれば何年、桜見上げて来たのだろう。

私はどうだろう・・・。最近気が付きました。桜を見る自分が変わ

って来ている事に。母に聞きました。

「桜何処かで見れたの?」「見たよ。デーサービスに行く車の中で・・・。」

心の中で、今年も見れてよかったね・・cherryblossomscissors

来年もそう会話ができればいいね・・・と。

桜が咲くと嬉しく、散って行く姿に寂しさと。

又一年過ごす日々に、前向きになれるそんな気にさせられる季節。

桜や季節に人生を重ねる方のお話をよく見聞きいたします。

胸に響くこの頃になりましたね~confidentear

仙台市生出市民センターにての一ヶ月間の展示会も、お陰様で

終了いたしました。又、新たな出会いやご縁も出来ました。

ご覧頂いた皆様には、心から感謝申し上げます。

ありがとうございましたlovelygood

No.641 燈台草 ( 花言葉:控えめ・地味・明るく照らして )

641_1000

最近よく聞くのですが、最低の必要な物だけで暮らす・・・と。

老後の生活は余分な物を断捨離してシンプルに生きる。

賛同できる頃になりましたねhappy01scissors

これからの余生に、何が必要で何が余分なのか・・・。

又、思い切りも必要ですね。

よく、1年も使用しなかった物は捨てようとか・・・。

処分出来ないけど、残してもなぁ~・・・と思うものにアルバムが

あります。たまに眺めて、出るのはため息だけ。

そのうち開く事もなくなりますね。

少しずつ身の回りのシンプル化に努力して行こうと思う

この頃で~すconfidentsweat01

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

秋保天守閣公園・木の家

ダオタオさん

アトリエの森 パート2

さくらの訪問看護ステーション

最近のトラックバック