« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月17日 (火)

No.643 片栗の花 ( 花言葉:初恋・情熱・淋しさに耐える )

643_1000_2

かたくりの花は4月初めの頃、私達が住む裏山では咲きます。

ユリ科の多年草です。種が地中に入ってから平均 8 年後に

花を咲かせ、10日程で花は終わり、又地中で春を待ちます。

春の日差しの下、周りの空気読んで花開かせます。

デリケートな植物ですね。

私達がかたくりの花に心惹かれるのは、自然に逆らわず、

宇宙の営みの中生きている姿なのでしょうね。

謙虚に、大きな見えない力で生かされている姿に・・・。

人間も、この星で同じく生かされている生き物なんですよね。

今年も、我団地では裏山に咲くかたくりに会える「かたくり祭」が

開催されました。人の手を加えた群生地ではなく、自然に林の中に

群生しているかたくりの花に会いに・・・。

宇宙と大地の不思議なエネルギーを、私達に癒しという形で伝えて

くれますね。

かたくりの命は自然にお任せして、

私達は大切に見守りたいものですねhappy01good

2018年4月15日 (日)

No.642 夢見草 ( 桜/花言葉:精神美・心の美しさ )

642_1000_2

人は自分の年齢と同じ回数だけ春を迎えますね。

私の母は今年94歳です。

94回春を迎えました。

桜の花を94回見て来た・・・。赤ちゃんの時は記憶にないので

わかりませんね、それに春に桜を一度も見ることなく過ごした

春もあったはず。そう考えれば何年、桜見上げて来たのだろう。

私はどうだろう・・・。最近気が付きました。桜を見る自分が変わ

って来ている事に。母に聞きました。

「桜何処かで見れたの?」「見たよ。デーサービスに行く車の中で・・・。」

心の中で、今年も見れてよかったね・・cherryblossomscissors

来年もそう会話ができればいいね・・・と。

桜が咲くと嬉しく、散って行く姿に寂しさと。

又一年過ごす日々に、前向きになれるそんな気にさせられる季節。

桜や季節に人生を重ねる方のお話をよく見聞きいたします。

胸に響くこの頃になりましたね~confidentear

仙台市生出市民センターにての一ヶ月間の展示会も、お陰様で

終了いたしました。又、新たな出会いやご縁も出来ました。

ご覧頂いた皆様には、心から感謝申し上げます。

ありがとうございましたlovelygood

2018年4月 8日 (日)

No.641 燈台草 ( 花言葉:控えめ・地味・明るく照らして )

641_1000

最近よく聞くのですが、最低の必要な物だけで暮らす・・・と。

老後の生活は余分な物を断捨離してシンプルに生きる。

賛同できる頃になりましたねhappy01scissors

これからの余生に、何が必要で何が余分なのか・・・。

又、思い切りも必要ですね。

よく、1年も使用しなかった物は捨てようとか・・・。

処分出来ないけど、残してもなぁ~・・・と思うものにアルバムが

あります。たまに眺めて、出るのはため息だけ。

そのうち開く事もなくなりますね。

少しずつ身の回りのシンプル化に努力して行こうと思う

この頃で~すconfidentsweat01

2018年4月 2日 (月)

No.637 蝦夷延胡索 ( 花言葉: - )

637_1000

近所の神社の桜が咲き始めました。

朝晩はまだまだ冷え込みますが、昼間は暖かく春ですね~heart

野山には、カタクリ、イワウチワ、エゾエンゴサク、と

スプリングエフェメラル(春の妖精)達が春の訪れを告げてます。

又、カレンダーを一枚めくり新しい季節を迎えましたね。

桜前線もあっと言う間に北上して、日本中を桜色に染めてますcherryblossom

かつさんは新しい命に出遭う楽しみで、毎朝撮影に出かけてます。

そして、植物や小動物達の美しさや強さに元気と感動を充電させて

いただいてまsign04happy01goodす。

sign04goodす。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »