« No.635 三人官女(お雛様) | トップページ | No.637 蝦夷延胡索 ( 花言葉: - ) »

2018年3月11日 (日)

No.636 融氷

636_1000

3月11日午後2時46分、今年もサイレンが鳴り響きました。

高台にある自宅から、海を望み合掌・・。

丸7年が経ち、あの日への想いは薄れることなく心が痛みます。

太平洋戦争から70年以上が過ぎ、よく聞く事に戦場に行って

生き残れた人々が何も語らなかったと。生存されている方々も

90歳以上、もちろん戦争を知らない人口が多くなりました。

こうして歴史の1頁となって行くのですね。

この様に、東日本大震災も年々歴史の中の1頁になって行く

のかも知れませんが、今はまだ心の痛みをもつ方々に、何ら

かの方法で少しでも寄り添いたいものですね。

内陸に住んでいて被害は最小に済みましたが、ライフライン等

の不自由は経験しました。家族や町内の方々、友人助け合い

過ごしました。ひと月後咲いた桜の花に癒され、嬉しかった事

美しさが瞼に甦ります。10年ひと昔、されどあっという間。

今朝我が家に、かつさんの親戚の方の訃報が届きました。

震災でお身内を亡くされた悲しみ、我が家もこの悲しみが・・。

重ねられるものではありませんが、胸が苦しいですね。

人間何時かは、逝ってしまいます。

それが生きるという事なのですね・・・thinkpaper

« No.635 三人官女(お雛様) | トップページ | No.637 蝦夷延胡索 ( 花言葉: - ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547031/66480875

この記事へのトラックバック一覧です: No.636 融氷:

« No.635 三人官女(お雛様) | トップページ | No.637 蝦夷延胡索 ( 花言葉: - ) »