フォト

☆自然散歩の写真館☆

  • 36 水色日本雨蛙
    身近な自然を写真で紹介します。 ほとんどの写真が庭や散歩中に撮ったものです。 うさぎの鼻の上にとまっているウラギンシジミは、毎年やってきます。とてもなつっこいので以前飼ってた犬が生まれ変わって遊びに来ているのではと思ってます。

☆なおかつさんちの猫写真館☆

  • Earo_tiko_miko
    三毛猫エアロ♀ きじとら猫 チーコ♀ グレー猫 ミーコ♀はなおかつの家族です。 私達家族にかかわる、猫ちゃん・犬ちゃんの写真館です。

☆緑と彫刻の散歩道☆那智が丘

  • 38 《ZOOMORPHISM-雄》 杉山 仁氏
    団地の公園の中に☆緑と彫刻の散歩道☆という彫刻を紹介します。

☆Mariko.S An Illustration

  • M042 お昼寝
    真理子は〝なおかつ〟の長女です。娘の心の世界観を彼女の感性で描いてます。ご覧いただければ幸いです。

☆フォトエッセイ集 言霊(ことだま)

  • 表紙 ケマンソウ(鯛釣草)
     なおかつ フォトエッセイ集 言霊(ことだま)を紹介します。 言霊(ことだま)は、皆様の応援をいただいて、私たち夫婦(なお&かつ)が心をこめて作ったフォトエッセイ集です。是非、ご覧になってください。一冊2500円で販売してます。また、ポストカードも1枚100円で販売してます。ご希望の方はメールでご注文をお受けしますので宜しくお願い申し上げます。     『言霊』取扱店舗紹介  ○秋保 木の家(仙台市太白区)  ○オーガニック・カフェ ダオタオ(岩沼市)  ○エステサロン おかあさん(名取市)  ○図面工房なおや(名取市) お陰様で『言霊』は完売いたしました。 有難うございました。 『言霊2』を出せる様頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

☆フォトエッセイDVD「半世紀」

  • 表紙
    なおかつが半世紀生きた今だからこそ思うこと・・・をDVDにまとめました。癒やしのクラッシックオルゴール音と共にフォトエッセイのスライドショウをご覧いただけます。価格は2,000円(税込)です。

笑顔 (東日本大震災)

  • 春の息吹き(いのち)
    東日本大震災より、丸6年が過ぎました。目で見える復興は本当にゆっくりですが進んでいます。ある人が、阪神淡路大震災も20年をかけ復興を考えた・・・。と話されてました、だとすればまだ たった6年しかたってません。震災に遭われた皆様の心の内を思うと、何もできない自分達の無力さばかりで胸を締め付けられます。でも今年も春が廻ってきました。大地の生命力、エネルギーが皆様の生きる力に寄添ってると信じたいです。私事ですが、私の母は今年93歳になります。関東大震災が起きたのは母が誕生する1年前で、祖父が復興を願い母の名を興子(おきこ)と名付けたそうです。母たちはその当時、満州国・奉天に住んでいて海の向こうの祖国の大災害を祖父たちがどれほど心を痛めていたか母の名前から想う事が出来ます。今の世の中は情報が伝わるのは一瞬の間。世界中で起きる災害を知り、それぞれの立場で出来る事で力を尽くしてます。その方々には本当に感謝の気持ちを持ち、何もできない私達はせめて忘れないでいたいものですね。7年目のこの一年、一人でも多くの方が当たり前の生活ができる様になれば良いと願っております。
無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

No.593 桃 ( 花言葉:愛の幸福・忍耐・辛抱 )

593_1000

3月11日、東日本大震災から丸6年が経ちました。

私は、震災の時被害の大きかった地域にいなかったので

正直6年も経って本当の意味で心の痛みは薄れています。

でも、考えてみました。自分にとって今日まで生きて来た日々

一番辛く悲しい出来事を、誰にだって一つや二つありますよね。

被災者の皆様の想いと比べては申し訳ないのですが・・・。

皆様の想いに少しでも近かずけるかと思い考えてみました。

私にとって一生心の傷になってしまった事。その時は何もかも

大切なもの奪われてしまい、その先どうして生きたらいいのか

一寸先が真っ暗で、寂しさで心が潰れそうで・・・。

生きて行く気力もなくし、誰も信じられなく、死んだ方が

よほど楽になれる様な、なんで、泣いても泣いても涙が

でるんだろう・・・と。そんな事が昔ありました。

でも、時が少しずつ少しずつ心を和らげてくれました。

その後、良い出会いに、倖せにめぐり逢う事ができました。

又、神様が〝忘れる〟というプレゼントもくれました。

それでも、本当に心深く傷を負うと、身体や心の奥に傷跡が

残り、トラウマとなり時々顔を出す事があります。

それには、自分自身驚かされる事があります。

そんな時は、自分の傷口と向かい合う事にしてます。

一生それは続くのだと思ってるし、忘れてはならない事

なんだと・・・。

この歳になり、想像もつかない事に遭遇してそれでも生きて

いらっしゃる方々が大勢いらっしゃる事、改めて考える様に

なりました。戦争に行かれた方や何らかの事故に遭われた

方、病で苦しんでらっしゃる方等々。

震災被災者さんだけでなく、皆様力強く・・・。

明日からの毎日、命を大切に希望を持って生き抜きましょうね。

震災復興のための募金や援助金を、自分達の私利私欲のため

利用する人達が、後を絶たないニュースも時折耳にします。

何も出来ない私ですが腹がたちますねpoutrock

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

秋保天守閣公園・木の家

エステサロン おかあさん

アトリエの森 パート2

さくらの訪問看護ステーション

最近のトラックバック