フォト

☆自然散歩の写真館☆

  • 36 水色日本雨蛙
    身近な自然を写真で紹介します。 ほとんどの写真が庭や散歩中に撮ったものです。 うさぎの鼻の上にとまっているウラギンシジミは、毎年やってきます。とてもなつっこいので以前飼ってた犬が生まれ変わって遊びに来ているのではと思ってます。

☆なおかつさんちの猫写真館☆

  • Earo_tiko_miko
    三毛猫エアロ♀ きじとら猫 チーコ♀ グレー猫 ミーコ♀はなおかつの家族です。 私達家族にかかわる、猫ちゃん・犬ちゃんの写真館です。

☆緑と彫刻の散歩道☆那智が丘

  • 38 《ZOOMORPHISM-雄》 杉山 仁氏
    団地の公園の中に☆緑と彫刻の散歩道☆という彫刻を紹介します。

☆Mariko.S An Illustration

  • M042 お昼寝
    真理子は〝なおかつ〟の長女です。娘の心の世界観を彼女の感性で描いてます。ご覧いただければ幸いです。

☆フォトエッセイ集 言霊(ことだま)

  • 表紙 ケマンソウ(鯛釣草)
     なおかつ フォトエッセイ集 言霊(ことだま)を紹介します。 言霊(ことだま)は、皆様の応援をいただいて、私たち夫婦(なお&かつ)が心をこめて作ったフォトエッセイ集です。是非、ご覧になってください。一冊2500円で販売してます。また、ポストカードも1枚100円で販売してます。ご希望の方はメールでご注文をお受けしますので宜しくお願い申し上げます。     『言霊』取扱店舗紹介  ○秋保 木の家(仙台市太白区)  ○オーガニック・カフェ ダオタオ(岩沼市)  ○エステサロン おかあさん(名取市)  ○図面工房なおや(名取市) お陰様で『言霊』は完売いたしました。 有難うございました。 『言霊2』を出せる様頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

☆フォトエッセイDVD「半世紀」

  • 表紙
    なおかつが半世紀生きた今だからこそ思うこと・・・をDVDにまとめました。癒やしのクラッシックオルゴール音と共にフォトエッセイのスライドショウをご覧いただけます。価格は2,000円(税込)です。

笑顔 (東日本大震災)

  • 春の息吹き(いのち)
    東日本大震災より、丸6年が過ぎました。目で見える復興は本当にゆっくりですが進んでいます。ある人が、阪神淡路大震災も20年をかけ復興を考えた・・・。と話されてました、だとすればまだ たった6年しかたってません。震災に遭われた皆様の心の内を思うと、何もできない自分達の無力さばかりで胸を締め付けられます。でも今年も春が廻ってきました。大地の生命力、エネルギーが皆様の生きる力に寄添ってると信じたいです。私事ですが、私の母は今年93歳になります。関東大震災が起きたのは母が誕生する1年前で、祖父が復興を願い母の名を興子(おきこ)と名付けたそうです。母たちはその当時、満州国・奉天に住んでいて海の向こうの祖国の大災害を祖父たちがどれほど心を痛めていたか母の名前から想う事が出来ます。今の世の中は情報が伝わるのは一瞬の間。世界中で起きる災害を知り、それぞれの立場で出来る事で力を尽くしてます。その方々には本当に感謝の気持ちを持ち、何もできない私達はせめて忘れないでいたいものですね。7年目のこの一年、一人でも多くの方が当たり前の生活ができる様になれば良いと願っております。
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

No.470 山百合 (花言葉:人生の楽しみ・飾らない愛・純潔・威厳)

470

我が家の庭、といっても垣根の外側。

外側でも我が家の土地。

そこに数年前から山百合が根をおろし、毎年大きくなってきていた。

今年など蕾を幾つもつけ咲いたら、さぞ見事だろうなぁ~・・・と。

かつさんは毎日、ひとつづつ蕾が咲くと撮影して明日はいくつ咲くだろうと。

それはそれは楽しみにしてたのねlovely

ところがある日、半日用事があって帰ってきたら・・・coldsweats02

かつさんが・・・『酷い事する人がいるもんだ~pout

留守にしているうちに誰かが全部、チョキン・・・とweep

〝ゆるせませんpunchannoy

私は子供の頃父から

『野山の生き物は、その場所でしか生きれない様に神様が創られたのだ

から採らずに、その場所で観察しなさい。』・・・と。

私には、到底考えられない好意に腹が立って悲しくなって・・・。

持って行った人は、自分の家に活けたのでしょうね。

自分だけ良ければそれでいい人間なのでしょうね。

山百合に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

でも、根っ子が残っているので来年また咲いてくれるといいなぁ~happy01scissors

No.469 夏の季節 (絵:佐々木絵里子/花言葉(向日葵):あこがれ・愛慕・熱愛・光輝)

469_2

最近、だんしゃり・・・と言う言葉をよく耳にします。

私は、物を捨てる事を最近の流行り言葉でこう言うんだろう・・・と思ってました。

断捨離 

 断って、捨てて、離れる。字が目に飛び込んだ時、よほどの覚悟がいるなぁ~。

まずそう思いました。

約ひと月程前から、少しずつ片づけが始まりました。

目標は、お盆まで終了する事・・・bearing

まずは、クローゼットの中から・・・。

何年も着る事のなかった洋服を出してみる。

やはりすぐには捨てられない。

一日、二日・・・眺めて・・・あれやこれや思う。

思い出やらこれから先この洋服着るとしたら・・・等々。

  あり得ない・・・70、80歳になってこの服着れるsign02・・・捨てよう。やっと結論が出る。

なぁ~てやってるもんだからannoyなかなか片づけが進まない。

でも、40代の時よりも 50代の時よりも 捨てようと思う判断は潔くなってるなぁ~と

感じている。

去年の年末、交通事故に遭い もしかしたら今頃・・・なんて思ったら、これからの人生

何時、何が起きるかなんて誰にも予想がつかないんだから身辺は整理しておこう・・・と。

カセットテープ、ビデオテープいずれも埃だらけになって出てくる。今時でないなぁ~と思いつつ

夢中になって、カセットから流れる音楽に耳傾けてた時代、ビデオで映画観たり・・・。

それもこれも私の生きてきた時代・・・でも、もう捨てるweep

20年前、この家に引っ越ししてから、積もり積もった物。

断捨離とは、執着を捨てることを旨とする片づけ術の標語だそうです。

元はヨガの行法に由来されるとか・・・。

断捨離をされた方が話されてました。

捨てたら、心が軽くなり清々しい気分になったよnotes・・・って。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

秋保天守閣公園・木の家

エステサロン おかあさん

アトリエの森 パート2

さくらの訪問看護ステーション

最近のトラックバック