フォト

☆自然散歩の写真館☆

  • 36 水色日本雨蛙
    身近な自然を写真で紹介します。 ほとんどの写真が庭や散歩中に撮ったものです。 うさぎの鼻の上にとまっているウラギンシジミは、毎年やってきます。とてもなつっこいので以前飼ってた犬が生まれ変わって遊びに来ているのではと思ってます。

☆なおかつさんちの猫写真館☆

  • Earo_tiko_miko
    三毛猫エアロ♀ きじとら猫 チーコ♀ グレー猫 ミーコ♀はなおかつの家族です。 私達家族にかかわる、猫ちゃん・犬ちゃんの写真館です。

☆緑と彫刻の散歩道☆那智が丘

  • 38 《ZOOMORPHISM-雄》 杉山 仁氏
    団地の公園の中に☆緑と彫刻の散歩道☆という彫刻を紹介します。

☆Mariko.S An Illustration

  • M042 お昼寝
    真理子は〝なおかつ〟の長女です。娘の心の世界観を彼女の感性で描いてます。ご覧いただければ幸いです。

☆フォトエッセイ集 言霊(ことだま)

  • 表紙 ケマンソウ(鯛釣草)
     なおかつ フォトエッセイ集 言霊(ことだま)を紹介します。 言霊(ことだま)は、皆様の応援をいただいて、私たち夫婦(なお&かつ)が心をこめて作ったフォトエッセイ集です。是非、ご覧になってください。一冊2500円で販売してます。また、ポストカードも1枚100円で販売してます。ご希望の方はメールでご注文をお受けしますので宜しくお願い申し上げます。     『言霊』取扱店舗紹介  ○秋保 木の家(仙台市太白区)  ○オーガニック・カフェ ダオタオ(岩沼市)  ○エステサロン おかあさん(名取市)  ○図面工房なおや(名取市) お陰様で『言霊』は完売いたしました。 有難うございました。 『言霊2』を出せる様頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

☆フォトエッセイDVD「半世紀」

  • 表紙
    なおかつが半世紀生きた今だからこそ思うこと・・・をDVDにまとめました。癒やしのクラッシックオルゴール音と共にフォトエッセイのスライドショウをご覧いただけます。価格は2,000円(税込)です。

笑顔 (東日本大震災)

  • 春の息吹き(いのち)
    東日本大震災より、丸6年が過ぎました。目で見える復興は本当にゆっくりですが進んでいます。ある人が、阪神淡路大震災も20年をかけ復興を考えた・・・。と話されてました、だとすればまだ たった6年しかたってません。震災に遭われた皆様の心の内を思うと、何もできない自分達の無力さばかりで胸を締め付けられます。でも今年も春が廻ってきました。大地の生命力、エネルギーが皆様の生きる力に寄添ってると信じたいです。私事ですが、私の母は今年93歳になります。関東大震災が起きたのは母が誕生する1年前で、祖父が復興を願い母の名を興子(おきこ)と名付けたそうです。母たちはその当時、満州国・奉天に住んでいて海の向こうの祖国の大災害を祖父たちがどれほど心を痛めていたか母の名前から想う事が出来ます。今の世の中は情報が伝わるのは一瞬の間。世界中で起きる災害を知り、それぞれの立場で出来る事で力を尽くしてます。その方々には本当に感謝の気持ちを持ち、何もできない私達はせめて忘れないでいたいものですね。7年目のこの一年、一人でも多くの方が当たり前の生活ができる様になれば良いと願っております。
無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

第3回なおかつフォトエッセイ展 in 宮城県美術館 開催

20140502

2014051

今日から5日間、宮城県美術館県民ギャラリーにて第3回個展が始まりました。

あいにくお天気は雨・・・。

ゴールデンウィークとはいえ今日はウィークデーだし、お仕事の方もいらっしゃるのでお客様はそう多くはありませんでした。

でも、いらしていただけた方々皆様とゆっくりお話ができ・・・。

雨も悪くないなぁ~なんて思いました。

ご覧いただけた皆様と談話室でのおしゃべりは、とても楽しいひとときでした。

ありがとうございました。

明日も素敵な出会いとても楽しみにしてま~すhappy01scissors

2014 なおかつフォトエッセイ展 in 宮城県美術館 いよいよ開催

Photo

毎年5月に個展を開催して今回で5回目となります。宮城県美術館にて3回目となりました。

今回の展示は〝かつフォト〟の作品を多くご覧いただけます。フォトエッセイ、和みアート(絵里子先生の生徒さん4人の作品も展示してます。)

そしてワンニャン達を撮影した作品全130点程展示させていただいております。

No.459 寂梅 ( 花言葉:忍耐・上品・忠義・高潔・厳しい美しさ )

459

今年も、梅の季節も桜の季節もいつのまにか通り過ぎて行こうとしてますね。

秋に紅葉の季節から落ち葉の季節に移り行く時にも、同じ様な事想います。

でも 梅や桜が散ってしまう今頃の方がより せつなく感じるのは、私だけでしょうかsign02

人生80年と考えると、この季節後何回迎えられるのかなぁ~・・・なんてね。

たまに、こんな事想ってみるのも良いのかもね。

そして時を大切に、命大切に、生かされている事に感謝しなければねwinkgood

No.458 山桜 ( 花言葉:貴方に微笑む・純潔・美麗 )

458_4

この週末、桜が満開でお花見の人々で名所はいっぱいでしたね。

染井吉野桜が咲く少し前に、我が家の裏山には山桜が満開でした。

かつさんが撮影のため近づいてみたら、この冬の大雪の重みで枝が折れていたそうです。

それでも かろうじて繋がっていた枝にも見事に花をつけ咲かせていました。       

美しい桜色が青空に広がり、この春初めて見る桜に感動しました。

改めて自然は凄いなぁ~・・と思いました。

なんで花開かせる時を知っているんだろ~うなぁ~・・なんて考えてたら地球上の全ての生き物が愛おしく思えた春の日でしたlovelygood

No.457 里山の春 ( 絵:佐々木絵里子 )

457

北国東北にも、春が訪れました。

例年より幾日か早い桜の開花宣言。

なぜか、嬉しい気持ちが広がります。

東北は冬が長いので、解放感があるのでしょうね。

山は、ホワホワとひよこの柔らかい毛の様になり、桃色、桜色、こぶし色、もくれん色

いぬふぐりの紫、蓮ギョウの黄色、とにかく一斉に野山が彩られます。

春が来ました。春が・・・。

No.456 蕗のとう ( 花言葉:真実はひとつ・仲間・待望 )

456

先日3月30日、友人のご実家である1300年のもの歴史がある寺院(宮城県丸森・宗吽院)の調査・保全活動の報告会に参加せていただきました。

約4年前ぐらい前、友人がご実家の歴史が時代の狭間に埋もれて行く事を残念に思い、ご自分の力で何とかできないものかと・・・話しておられました。

あれから4年半もの時が過ぎ、強く念じておられたお気持ちが少しずつ叶えられました。

東北大学災害科学研究所の佐藤大介准教授を筆頭にゼミの学生さん達が、2年程前から調査に入られその日の報告会となりました。

『宗吽院の史料は語る』  (舘矢間まちづくりセンターにて)

宗吽院文書の保全活動は、丸森の「地域の宝」をみんなで守り、活かし、「千年後」へ伝える「歴史のリレー」の第一歩と・・・。

調査は膨大な古文書のまだ三分の一でしかなく、これからも続くそうです。

来年も又、報告会があるとの事。今からものすごく楽しみです。

どんな所なの?って・・・気になるでしょ。

長くなるので、ちょっとだけですが・・・。

今から1270年前に、菅原道真公の6女「みよこ姫」が嫁いで来られた寺院で、修験道の歴史資料が多く残されていて、大変貴重な文化遺産だそうです。

ご興味のある方は、ご一報下さい。

私達夫婦も、以前から大変興味深く又友人と共に何とかしたいと、祈っておりました。

院主であられる友人も、次の時代を繋ぎ守ろうとしておられる息子さんも宗吽院の歴史の重みの中、守り主のリレーの喜びに涙されてました。

宗吽院は、とても心暖かく宇宙(そら)からの光(気)が感じられる寺院です。

優しく微笑む願望成就観世音菩薩様がお迎え下さいますよ。

ぜひ一度、お参りされてはいかがでしょうか。

蕗のとうのフォトエッセイは、あの日夜遅くまで宗吽院のこれからを語り合い胸が熱 くなった想いです。写真はあの日の朝、撮影しました。

これからの宗吽院に素晴らしい時代の風が吹く事、お祈りいたします。


Photo_3

宮城県丸森町  宗吽院  大玄関写真





« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

秋保天守閣公園・木の家

エステサロン おかあさん

アトリエの森 パート2

さくらの訪問看護ステーション

最近のトラックバック