フォト

☆自然散歩の写真館☆

  • 36 水色日本雨蛙
    身近な自然を写真で紹介します。 ほとんどの写真が庭や散歩中に撮ったものです。 うさぎの鼻の上にとまっているウラギンシジミは、毎年やってきます。とてもなつっこいので以前飼ってた犬が生まれ変わって遊びに来ているのではと思ってます。

☆なおかつさんちの猫写真館☆

  • Earo_tiko_miko
    三毛猫エアロ♀ きじとら猫 チーコ♀ グレー猫 ミーコ♀はなおかつの家族です。 私達家族にかかわる、猫ちゃん・犬ちゃんの写真館です。

☆緑と彫刻の散歩道☆那智が丘

  • 38 《ZOOMORPHISM-雄》 杉山 仁氏
    団地の公園の中に☆緑と彫刻の散歩道☆という彫刻を紹介します。

☆Mariko.S An Illustration

  • M042 お昼寝
    真理子は〝なおかつ〟の長女です。娘の心の世界観を彼女の感性で描いてます。ご覧いただければ幸いです。

☆フォトエッセイ集 言霊(ことだま)

  • 表紙 ケマンソウ(鯛釣草)
     なおかつ フォトエッセイ集 言霊(ことだま)を紹介します。 言霊(ことだま)は、皆様の応援をいただいて、私たち夫婦(なお&かつ)が心をこめて作ったフォトエッセイ集です。是非、ご覧になってください。一冊2500円で販売してます。また、ポストカードも1枚100円で販売してます。ご希望の方はメールでご注文をお受けしますので宜しくお願い申し上げます。     『言霊』取扱店舗紹介  ○秋保 木の家(仙台市太白区)  ○オーガニック・カフェ ダオタオ(岩沼市)  ○エステサロン おかあさん(名取市)  ○図面工房なおや(名取市) お陰様で『言霊』は完売いたしました。 有難うございました。 『言霊2』を出せる様頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

☆フォトエッセイDVD「半世紀」

  • 表紙
    なおかつが半世紀生きた今だからこそ思うこと・・・をDVDにまとめました。癒やしのクラッシックオルゴール音と共にフォトエッセイのスライドショウをご覧いただけます。価格は2,000円(税込)です。

笑顔 (東日本大震災)

  • 春の息吹き(いのち)
    東日本大震災より、丸6年が過ぎました。目で見える復興は本当にゆっくりですが進んでいます。ある人が、阪神淡路大震災も20年をかけ復興を考えた・・・。と話されてました、だとすればまだ たった6年しかたってません。震災に遭われた皆様の心の内を思うと、何もできない自分達の無力さばかりで胸を締め付けられます。でも今年も春が廻ってきました。大地の生命力、エネルギーが皆様の生きる力に寄添ってると信じたいです。私事ですが、私の母は今年93歳になります。関東大震災が起きたのは母が誕生する1年前で、祖父が復興を願い母の名を興子(おきこ)と名付けたそうです。母たちはその当時、満州国・奉天に住んでいて海の向こうの祖国の大災害を祖父たちがどれほど心を痛めていたか母の名前から想う事が出来ます。今の世の中は情報が伝わるのは一瞬の間。世界中で起きる災害を知り、それぞれの立場で出来る事で力を尽くしてます。その方々には本当に感謝の気持ちを持ち、何もできない私達はせめて忘れないでいたいものですね。7年目のこの一年、一人でも多くの方が当たり前の生活ができる様になれば良いと願っております。
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

No.406 青木(花言葉:若くて美しい・不老長寿)

406

女性ならいつまでも若くて美しくありたいと願うと思うのね。でも老いには勝てず・・・。でも気が付きました。老いても美しく輝ける事に。積み上げて来た時を磨けば益々美しく輝けることにlovelyscissors

No.405 赤レンガ倉庫 ( 撮影:横浜市 )

405

先週15・16・17日姪の結婚式の為、横浜に出かけました。梅は満開、スイセンはもう終わり加減、桜が一部咲きとこちらから比べると一ヶ月程違いがあるようね。昼間は本当に暖かく、夜は少し寒いけどこちらの寒さから比べれば・・・何の・何の・・・。三日間お天気にも恵まれ、みなと未来の夜景やら、中華街、横浜湾内クルージング・・・最後の日は三浦半島の先、城ヶ島まで行って来たのよ。旅は心のビタミン剤と聞きます。本当にそう思うよ。夢の中にいる様な三日間だったけど、自宅に戻り現実に引き戻され又、普通の日々を送ってま~す。こちらはこれから春が少しずつ訪れるのよね。tuliphappy01cherryblossom

No.404 大犬ふぐり(花言葉:信頼・誠実・清浄) 震災から2年・・・。伝える

404

   あれからもう2年・・・。いや、あの時からまだ2年。もう~も、まだ・・・も、同じ時間の経過ですよね。忘れ去られ、時だけがどんどん先に行ってしまう人。あの時から時間が止まってしまった人。様々なこの2年間・・・。

   震災の時、被災地で保育所の先生をなさってたE・Sさんが私共の処を訪ねていらっしゃったのは、震災の年の6月末頃でした。5月の『木の家個展』後、木の家に飾っていただいてたフォトエッセイの『命の蕾』をご覧になり、その場で涙が止まらなくなったそうです。

  そして私共に会いに・・・。 お話を伺えば地震が起きた時、50人もの子供達を守り、津波が来るのでやっとの思いで小学校まで避難させ、どんどん水が上がってくる中、真っ暗な中、子供達の恐怖を少しでも和らげながら一晩過ごし、守らなければならない小さな命を抱え・・・『あの日は3度死にました。』と話しておられました。その後、あまりもの体験に放心状態になられ精神的にも普通ではいられなかったそうです。その中、ご家族の方が気晴らしに誘ってくれた〝木の家〟で私達の作品に出会われたそうです。                                                    周りの方々は、助かった事を喜び〝生かされたんだから・・・〟と。だから亡くなった方々の分まで頑張ろう・・頑張ろう・・と口々に言ったそうです。でも彼女はその言葉が、生かされなくても良かったのに・・・と辛かったそうです。

  そんな時出逢った『命の蕾 』 

      生かされた命                                   

      授かった命

      助けられた命

      夜空に光る命

      みんな掛替えの無い命だよね

   この作品をご覧になられて、元気になられたそうです。そのお話を伺い私共も大変嬉しく思いました。その後彼女は各地を回られ講演をされたり、被災者の皆様のため働かれていらっしゃいます。現在はJOCAの活動を通して頑張っておられます。先日もアメリカの高校生がこられ皆さんの前でお話されたそうです。2年前と去年、震災の時の事を〝命・忘れない 〟という手作り本を作りました。その中から英訳して皆さんに渡されたと聞きました。どの様にアメリカの高校生に伝わったのでしょうね。                                                     今日、地震が起きた時間にサイレンが鳴り響き、ラジオからは鐘が聞こえました。高台にある我が家から、海の方を見て仕事の手を置き合掌しました。確実にあの日から一秒一日一年と時は遠ざかっています。多くの人々が復興にかかわり、できる事をやってます。

 この震災を忘れずにそして伝えていかなければと、2年目の今日本当にそう思います。

忘れない(いのち)・・・・東日本大震災3.11

201200_2

※クリックして大きくしてご覧ください。

2012a501_2

2012a502_3

2012a503_3

2012a504_2

2012a505_2

2012a506_3

2012a507_3

2012a508_2

2012a509_2

2012a510_3

2012a511_2

2012a512_4

2012a513_2

2012a514_2

2012a515_2

2012a516_4

No.403 蝋梅(花言葉:優しい心・慈愛・愛情)

403

本当の優しさって・・・優しいと思いやりとは違うのかなぁ~。そんな事ちょっと考えてしまいましたthinkpaper

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

秋保天守閣公園・木の家

エステサロン おかあさん

アトリエの森 パート2

さくらの訪問看護ステーション

最近のトラックバック