フォト

☆自然散歩の写真館☆

  • 36 水色日本雨蛙
    身近な自然を写真で紹介します。 ほとんどの写真が庭や散歩中に撮ったものです。 うさぎの鼻の上にとまっているウラギンシジミは、毎年やってきます。とてもなつっこいので以前飼ってた犬が生まれ変わって遊びに来ているのではと思ってます。

☆なおかつさんちの猫写真館☆

  • Earo_tiko_miko
    三毛猫エアロ♀ きじとら猫 チーコ♀ グレー猫 ミーコ♀はなおかつの家族です。 私達家族にかかわる、猫ちゃん・犬ちゃんの写真館です。

☆緑と彫刻の散歩道☆那智が丘

  • 38 《ZOOMORPHISM-雄》 杉山 仁氏
    団地の公園の中に☆緑と彫刻の散歩道☆という彫刻を紹介します。

☆Mariko.S An Illustration

  • M042 お昼寝
    真理子は〝なおかつ〟の長女です。娘の心の世界観を彼女の感性で描いてます。ご覧いただければ幸いです。

☆フォトエッセイ集 言霊(ことだま)

  • 表紙 ケマンソウ(鯛釣草)
     なおかつ フォトエッセイ集 言霊(ことだま)を紹介します。 言霊(ことだま)は、皆様の応援をいただいて、私たち夫婦(なお&かつ)が心をこめて作ったフォトエッセイ集です。是非、ご覧になってください。一冊2500円で販売してます。また、ポストカードも1枚100円で販売してます。ご希望の方はメールでご注文をお受けしますので宜しくお願い申し上げます。     『言霊』取扱店舗紹介  ○秋保 木の家(仙台市太白区)  ○オーガニック・カフェ ダオタオ(岩沼市)  ○エステサロン おかあさん(名取市)  ○図面工房なおや(名取市) お陰様で『言霊』は完売いたしました。 有難うございました。 『言霊2』を出せる様頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

☆フォトエッセイDVD「半世紀」

  • 表紙
    なおかつが半世紀生きた今だからこそ思うこと・・・をDVDにまとめました。癒やしのクラッシックオルゴール音と共にフォトエッセイのスライドショウをご覧いただけます。価格は2,000円(税込)です。

笑顔 (東日本大震災)

  • 春の息吹き(いのち)
    東日本大震災より、丸6年が過ぎました。目で見える復興は本当にゆっくりですが進んでいます。ある人が、阪神淡路大震災も20年をかけ復興を考えた・・・。と話されてました、だとすればまだ たった6年しかたってません。震災に遭われた皆様の心の内を思うと、何もできない自分達の無力さばかりで胸を締め付けられます。でも今年も春が廻ってきました。大地の生命力、エネルギーが皆様の生きる力に寄添ってると信じたいです。私事ですが、私の母は今年93歳になります。関東大震災が起きたのは母が誕生する1年前で、祖父が復興を願い母の名を興子(おきこ)と名付けたそうです。母たちはその当時、満州国・奉天に住んでいて海の向こうの祖国の大災害を祖父たちがどれほど心を痛めていたか母の名前から想う事が出来ます。今の世の中は情報が伝わるのは一瞬の間。世界中で起きる災害を知り、それぞれの立場で出来る事で力を尽くしてます。その方々には本当に感謝の気持ちを持ち、何もできない私達はせめて忘れないでいたいものですね。7年目のこの一年、一人でも多くの方が当たり前の生活ができる様になれば良いと願っております。
無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

No.346 芽吹く(福寿草/花言葉:幸福を招く・祝福・永久の幸福)

346

今年も福寿草が咲きました。厳しい冬の間大地に守られ、じぃ~っと春を待って待って・・・。今年の北国の冬は長く、やっとやっと芽吹き花が咲きました。力強く咲き始めた野の花は人の心に開放感と元気くれますねhappy01good

No.345 桜待つ (絵:佐々木絵里子)

345

桜前線はどの辺まできているのて゜しょうか・・・。北国の春は行ったり戻ったりで、なかなか来てくれませんね。昨年の桜には震災後一ヶ月経った頃咲いたので張り詰めていた心がホッとさせられたのを思い出します。今年はまだ咲かないので待ち遠しいですね。今盛んに〝明けない夜はない〟とか〝春のこない冬はない〟って聞きます。今年の桜は去年の桜の花ではないんですね。さくらを見上げる時、きっとその事に気がつくから・・・その花と自分を重ねて今年の自分はどんな花になるのかなぁ~と想いながら元気もらうのかもしれませんね。春よ来い♪早く来いcherryblossomnote

ダオタオさんで桜の花の作品展示して貰ってます

ダオタオ(Dao Tao)さんで桜の花の作品展示して貰ってます。happy01

20120301

≪ 作品No.125 桜雀 ≫

  親は子の成長の節目を

 桜と共に見守ってきたね。

  子育ての最後の大仕事は

 巣立たせることなのよね。cherry

≪ 作品No.262 桜目白 ≫

   桜色は愛の色だね。

 咲き誇る花を見上げる心に

  愛の花びらが やさしく舞い降りるね。

   春だね・・・。cherryblossom

※ダオタオさん、いつも有難うございます。感謝申し上げます。

No.344 赤花万作(花言葉:ひらめき・直感・不思議な力)

344

北国の春一番に満作が咲きます。花の色は黄色だとず~っと思ってました。赤い花の満作があったんですね。花言葉を見て思いました。人は理屈や常識だけではなく、説明しきれない直感やひらめきで納得してる事ってありますよね。shine

No.343 ありがとう

343

3・11今後何時の世にも語り続けられるこの日。あの時からもう一年・・・いや、まだ一年。朝からどのテレビ局も震災の特番であの日の様子が流され、見ていると胸が痛くなり思わずチャンネルを替えてしまって。その中〝題名の無い音楽会〟に目が止まり見ていたら〝みあげてごらん夜空の星を〟が流れ、聞いているうち私の心にスイッチが入ったのでしょう涙がこみ上げてきました。昨日ラジオでこんな事を聞きました。今日の夜8時半に皆で家の電気消してみよう・・・と。あの日ライフラインがストップしてしまい真っ暗な中見上げた夜空に見た事ないぐらいの無数の星達が瞬いていました。地震の直後は霙が舞うようなお天気だったのに・・・夜は星が見えたのだから不思議よね。一年経った今日、とても寒く今にも雪が降ってきそうな空模様です。夜、あの日のように星が見れるか分からないけど・・・あの日の星が心に残った人達多くいたんだね。私には亡くなられた方達の魂の様に思えます。もちろん見上げたその日はその時20,000人もの方が亡くなられていた事知る由もありませんでした。けど今でも心に残り・・・今日の夜空皆で電気消して見上げてみようプロジェクトの趣旨がよく分かります。お天気が悪くて星が見えなくても、大事な人達と一緒に蝋燭や懐中電灯の小さな灯かりの下、絆を確かめさらに強くなるようささやかな時を持とう・・・と。この震災は人々の心に多くの事を問いかけ教えてくれました。回答は出ないけど全世界の人々の何かが変わりました。夜空の星達になった人達に、そしてあの日から様々な形て助けてくれた人々に、それからずっとそばに寄り添い励ましてくれた人々に、ありがとう・ありがとう。一年経った今日この言葉しか出てきません。震災で助かった方々でもこの一年に300人もの方々が亡くなられたと、震災で親を亡くされた子供さんが200人もいらっしゃると聞きます。生きていく事の辛さ、難しさを感じていらっしゃる方達にとってこの震災はまだまだ続いてます。そしてあの瞬間この世界の日本の宮城の地に自分が居た意味を考え自分達にできる事、小さな小さな事しかできないけどやっていこうと思います。本当にありがとうございました。

※画像をクリックすると大きくなります。search

No.342 生きる (絵:佐々木絵里子)

342

あの日から1年・・・なんのかんの言っても生きてます。そして又、生きていきます・・・。そうするしかないから。あの日が何だったかなんて答えなんか見つからないよね。sunbud

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

秋保天守閣公園・木の家

エステサロン おかあさん

アトリエの森 パート2

さくらの訪問看護ステーション

最近のトラックバック