フォト

☆自然散歩の写真館☆

  • 36 水色日本雨蛙
    身近な自然を写真で紹介します。 ほとんどの写真が庭や散歩中に撮ったものです。 うさぎの鼻の上にとまっているウラギンシジミは、毎年やってきます。とてもなつっこいので以前飼ってた犬が生まれ変わって遊びに来ているのではと思ってます。

☆なおかつさんちの猫写真館☆

  • Earo_tiko_miko
    三毛猫エアロ♀ きじとら猫 チーコ♀ グレー猫 ミーコ♀はなおかつの家族です。 私達家族にかかわる、猫ちゃん・犬ちゃんの写真館です。

☆緑と彫刻の散歩道☆那智が丘

  • 38 《ZOOMORPHISM-雄》 杉山 仁氏
    団地の公園の中に☆緑と彫刻の散歩道☆という彫刻を紹介します。

☆Mariko.S An Illustration

  • M042 お昼寝
    真理子は〝なおかつ〟の長女です。娘の心の世界観を彼女の感性で描いてます。ご覧いただければ幸いです。

☆フォトエッセイ集 言霊(ことだま)

  • 表紙 ケマンソウ(鯛釣草)
     なおかつ フォトエッセイ集 言霊(ことだま)を紹介します。 言霊(ことだま)は、皆様の応援をいただいて、私たち夫婦(なお&かつ)が心をこめて作ったフォトエッセイ集です。是非、ご覧になってください。一冊2500円で販売してます。また、ポストカードも1枚100円で販売してます。ご希望の方はメールでご注文をお受けしますので宜しくお願い申し上げます。     『言霊』取扱店舗紹介  ○秋保 木の家(仙台市太白区)  ○オーガニック・カフェ ダオタオ(岩沼市)  ○エステサロン おかあさん(名取市)  ○図面工房なおや(名取市) お陰様で『言霊』は完売いたしました。 有難うございました。 『言霊2』を出せる様頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

☆フォトエッセイDVD「半世紀」

  • 表紙
    なおかつが半世紀生きた今だからこそ思うこと・・・をDVDにまとめました。癒やしのクラッシックオルゴール音と共にフォトエッセイのスライドショウをご覧いただけます。価格は2,000円(税込)です。

笑顔 (東日本大震災)

  • 春の息吹き(いのち)
    東日本大震災より、丸6年が過ぎました。目で見える復興は本当にゆっくりですが進んでいます。ある人が、阪神淡路大震災も20年をかけ復興を考えた・・・。と話されてました、だとすればまだ たった6年しかたってません。震災に遭われた皆様の心の内を思うと、何もできない自分達の無力さばかりで胸を締め付けられます。でも今年も春が廻ってきました。大地の生命力、エネルギーが皆様の生きる力に寄添ってると信じたいです。私事ですが、私の母は今年93歳になります。関東大震災が起きたのは母が誕生する1年前で、祖父が復興を願い母の名を興子(おきこ)と名付けたそうです。母たちはその当時、満州国・奉天に住んでいて海の向こうの祖国の大災害を祖父たちがどれほど心を痛めていたか母の名前から想う事が出来ます。今の世の中は情報が伝わるのは一瞬の間。世界中で起きる災害を知り、それぞれの立場で出来る事で力を尽くしてます。その方々には本当に感謝の気持ちを持ち、何もできない私達はせめて忘れないでいたいものですね。7年目のこの一年、一人でも多くの方が当たり前の生活ができる様になれば良いと願っております。
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

東北工業大学一番町ロビーにて個展開催します。

かつさんの母校である東北工業大学の仙台市青葉区一番町ロビー1階ギャラリーで個展を開催します。

Photo_2

  震災からの日々、自然の力を感じ写真を撮り続け、エッセイをつぶやいて来ました。くやしいけれど自然の恐ろしい出来事に確かに気付かされた“絆”。震災の記憶が薄れていく人達へ、まだまだ震災が終わらない人々へ、私達の震災を展示させていただきます。

No.335 蔓梅擬 ( 花言葉:強運・開運・真実・大器晩成 )

335

絆って何なんだろうね・・・。昨今あちこちで絆って目にするけどね。絆は愛情や感謝の気持ちが無ければただ相手を束縛することの様な気がするのね。又信じることの出来ない絆では意味が無い気もするよねthinkgood

No.334 蒼鷺 ( 鳥言葉:若さ )

334

若い時はもう戻らないけど、今でも若さは持ち続けているつもりよね。でも老いに勝てない事も事実ね。これからの一年一年どう自分と向かい合うのがいいのか探し、又いとおしんで生きていかなければ・・・なんてね。winkgood

No.333 どんと祭2012(熊野神社)

333_20122

〝どんと祭〟1月14日にお正月の飾りや去年のお札、粗末にゴミに出来ない物を神社の境内で焼いてもらいます。その火にあたり一年間の無病息災を祈ります。今年は辰年、気のせいか立ち上がる炎が龍のように見え天空に舞い上がりこの一年の招福・開運の舞を見せているようでした。thunder

2012 ダオタオさんで展示して貰ってます。

私達のフォトエッセイをダオタオさんで平成24年1月5日~31日の1ヶ月間展示して貰っています。

2012_2

1

2

3

-DaoTao(http://y-daotao.com/)はお茶の喫茶店です-
有機な素材にこだわった飲み物や軽食を提供する喫茶店です。

身体が喜ぶお食事を是非、大切な方とご一緒にどうぞ!

No.332 龍っちゃん (絵:佐々木絵里子)

332_2

今日から仕事始めの方多いのではないでしょうか? 地に足をつけ、しっかりと辰(立つ)って自分に出来る事を最善をつくしやって行こうと思っております。さあ~どんな一年になるんでしょうかね・・・。ワクワク♪

         

                                                 

No.331 龍パワー (絵:佐々木真理子)

331

昨年大暴れした海。新しい年の夜明けは穏やかでした。水平線からゆっくの昇ってくる太陽は何時になく感動でした。そして自然に対して謙虚に生きなければと改めて感じました。大昔もどんなに科学や文明が進んだ現代でも自然の営みは何にも関係なく同じで・・・。でも昔の人の方が、自然の恐ろしさに謙虚に向かい合ってた様に思います。現代の私達は人間の力を信じすぎて何でも現代の力をもって防げる、守られると思いこんでたのでしょう。それが根底から覆され、何の力をもたない昔人と何ら違わない人間なんだと思い知らされました。その反面、人の思いやりや絆、命の大切さ人として心の奥底にある真実が浮き彫りされたのも本当です。この上に立って新しい一年がどうなって行くのか楽しみでもあります。〝なおかつ〟もこの一年写真とつぶやきで人の心の温かさにひとつでも多く触れて行けたら・・・と想ってスタートします。今年は辰年、辰年は成長や発展の年だとされています。もともと「辰」という字は「ととのう」や「ふるう」という意味があり、今までの努力や忍耐が整い、具体的な形になっていくのに適した年とも解釈できます。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

秋保天守閣公園・木の家

エステサロン おかあさん

アトリエの森 パート2

さくらの訪問看護ステーション

最近のトラックバック