笑顔 (東日本大震災)

  • 春の息吹き(いのち)
    東日本大震災より、丸6年が過ぎました。目で見える復興は本当にゆっくりですが進んでいます。ある人が、阪神淡路大震災も20年をかけ復興を考えた・・・。と話されてました、だとすればまだ たった6年しかたってません。震災に遭われた皆様の心の内を思うと、何もできない自分達の無力さばかりで胸を締め付けられます。でも今年も春が廻ってきました。大地の生命力、エネルギーが皆様の生きる力に寄添ってると信じたいです。私事ですが、私の母は今年93歳になります。関東大震災が起きたのは母が誕生する1年前で、祖父が復興を願い母の名を興子(おきこ)と名付けたそうです。母たちはその当時、満州国・奉天に住んでいて海の向こうの祖国の大災害を祖父たちがどれほど心を痛めていたか母の名前から想う事が出来ます。今の世の中は情報が伝わるのは一瞬の間。世界中で起きる災害を知り、それぞれの立場で出来る事で力を尽くしてます。その方々には本当に感謝の気持ちを持ち、何もできない私達はせめて忘れないでいたいものですね。7年目のこの一年、一人でも多くの方が当たり前の生活ができる様になれば良いと願っております。

☆フォトエッセイ集 言霊(ことだま)

  • 表紙 ケマンソウ(鯛釣草)
     なおかつ フォトエッセイ集 言霊(ことだま)を紹介します。 言霊(ことだま)は、皆様の応援をいただいて、私たち夫婦(なお&かつ)が心をこめて作ったフォトエッセイ集です。是非、ご覧になってください。一冊2500円で販売してます。また、ポストカードも1枚100円で販売してます。ご希望の方はメールでご注文をお受けしますので宜しくお願い申し上げます。     『言霊』取扱店舗紹介  ○秋保 木の家(仙台市太白区)  ○オーガニック・カフェ ダオタオ(岩沼市)  ○エステサロン おかあさん(名取市)  ○図面工房なおや(名取市) お陰様で『言霊』は完売いたしました。 有難うございました。 『言霊2』を出せる様頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

☆フォトエッセイDVD「半世紀」

  • 表紙
    なおかつが半世紀生きた今だからこそ思うこと・・・をDVDにまとめました。癒やしのクラッシックオルゴール音と共にフォトエッセイのスライドショウをご覧いただけます。価格は2,000円(税込)です。

☆Mariko.S An Illustration

  • M042 お昼寝
    真理子は〝なおかつ〟の長女です。娘の心の世界観を彼女の感性で描いてます。ご覧いただければ幸いです。

☆なおかつさんちの猫写真館☆

  • Earo_tiko_miko
    三毛猫エアロ♀ きじとら猫 チーコ♀ グレー猫 ミーコ♀はなおかつの家族です。 私達家族にかかわる、猫ちゃん・犬ちゃんの写真館です。

☆自然散歩の写真館☆

  • 36 水色日本雨蛙
    身近な自然を写真で紹介します。 ほとんどの写真が庭や散歩中に撮ったものです。 うさぎの鼻の上にとまっているウラギンシジミは、毎年やってきます。とてもなつっこいので以前飼ってた犬が生まれ変わって遊びに来ているのではと思ってます。

☆緑と彫刻の散歩道☆那智が丘

  • 38 《ZOOMORPHISM-雄》 杉山 仁氏
    団地の公園の中に☆緑と彫刻の散歩道☆という彫刻を紹介します。
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

No.323 ひつじ雲 (絵:佐々木絵里子)

323

No.322 梅モドキ (花言葉:明朗・知恵・深い愛情)

322

No.321 吊り花 (花言葉:しなやか・片思い)

321

幾つになっても今が青春、幾つになっても何かに恋して・・・。私はそう思っているのよね。それが何時までも若くいられる秘訣で。それが毎日が楽しい魔法にかけられてるって・・・事ですよね。shineshine

No.320 ロッジ村 (秋保/木の家)

320

〝木の家〟ロッジ(キャンプ場)は、季節がらたくさんの人々がいました。若い時仲間達と、結婚して子供達と、自分の歴史が走馬灯の様に思い出されます。そして自分の若さが懐かしくも思えます。

No.319 川の流れ

319

夏の日差しの下、流れる川の水音耳にしながら 川の流れに身を任せるかのごとく川辺にすわってみたのね。自分の中の弱さや、醜さや、傲慢さが水に流されて行き 心が軽く透明になっていく様な気がしたね。diamond

No.318 空木(花言葉:古風・風情・秘密)

318

No.317 彼岸花 (花言葉:情熱・悲しい思い出)

317

No.316 小紫 (花言葉:聡明・愛され上手)

316

子供の頃、母によく言われたね。〝誰が見てなくても、神様は見てるんだからね。〟と・・・。見てる目は自分の中の良心なのではないかと思うのね。基準は自分自身の良心なのかもしれないねsign04

No.315 萩 (花言葉:思い・思案・前向きな恋)

315

No.314 睡蓮 (花言葉:清純な心・甘美)

314

No.313 紅花大根草 (花言葉:将来有望・満ちた希望・前途洋々)

313

No.312 房スグリ (花言葉:幸福が訪れる・予想)

312

房すぐり実が、陽の光にキラキラ綺麗だったのね。しぜんの創り出す形や色の素晴らしさに又出会った様だ。しばし目が離れなかった。幸福感が、訳も無く広がったね。shinediamond

No.311 花水木 (花言葉:公平にする・返礼・華やかな恋)

311

No.310 山法師 (花言葉:友情)

310

中学の時からの友人が、津波被災のため仙台の実家に非難して来たのね。今までは会いに行くにも少し遠かったので、一年に2、3度ぐらいしか会えなかったね。でも会えば昨日会ったかのように話がはずむ。数えれば50年近いお付き合い・・・。女の友人はなかなか長く続かないもの・・・そう言われてる中。娘達が〝お母さん達すごいよね~。〟近くに避難してるので会いたいときすぐ会えるのが今は嬉しい。自分の事、全部わかってくれてる友との話は、とても楽なものよね。この50年お互いの努力があったからこそ今日があるね。もう少し大変な時過さなくてはないけど、なるようにしかなんないね。今までもそうだったようにねsign03

No.309 花びらワッペン (肝木/花言葉:年齢を感じる)

309

〝なおさん〟の母は長い間一人で生きて来ました。なおさんも仕事に忙しく、そう遠くに住んでた訳ではなかったのすが、あまり会いにいけない状態が続きました。母が70歳ぐらいの時まだまだ元気だと思ってたのに・・・。寂しかったのでしょうね。少しずつ、少しづつ、うつ病(老人性)になってしまいました。感情の喜怒哀楽表現がなくなり、話もしなくなり、食欲もなく、ただベットに寝てる毎日になってしまいました。食事等をヘルパーさんにお願いして、私は1週間に一度冷蔵庫の中に食料品入れ、洗濯掃除やらのため母の元に通ってました。母の様子は相変わらず・・・よくも悪くも・・・といった状態でした。3年程前からヘルパーさんの食事をあまり食べなくなったし、85歳という高齢という事もあり私がほぼ毎日仕事が終わってから、食事作りや身の回りの世話のため通い始めました。そしたら見る見る内に、元気になって来て今では、大きな声で笑うし、いろんな話はするし、いっしょにテレビのクイズ番組見て答えてるし、食欲はもりもりだし、元気、元気・・・どのぐらい長生きしてくれるのかわからないけど、あの時ああもしてあげれば良かった、こうもすれば良かったと後で後悔したくないと思い今は毎日出来る限り母の元に行ってます。そんな私の姿、娘も孫も見てくれているんですよね。もちろん〝かつさん〟も協力してくれてます。ヘルバーさんが言ってました。娘さんが来るようになってからおばあちゃん元気になったよね~。って家族の愛情の力だね。happy01heart01rock

No.308 蝋梅 (花言葉:慈愛)

308

震災後、日々の生活に追われ何事もなかった様に過しています。ふとあの日の事を忘れてはいけないと思いつつ忘れている自分に罪悪さえ思える事があるのよね。それでも時が過ぎ心の痛みは薄れていくのは仕方のない事・・・。確かに生きている上に心の痛い事は幾度も訪れる事。それを全部痛いまま背負って生きては行けないものね。忘れられるから長い人生生きて行けるんだよね・・・。thinkgood

No.307 蓮華草 (花言葉:私の幸福・心が和らぐ)

307

人は幾つになっても何かは我慢してるものですね。でも我慢する事によってそれ以上の幸福感も得ているのではないでしょうか・・・?happy01scissors

No.306 鯉の群 (秋保/天守閣自然公園)

306

No.305 緑彩 (秋保/天守閣自然公園)

305

No.304 水車 (秋保/天守閣自然公園)

304

No.303 お地蔵様 (秋保/天守閣自然公園)

303

No.302 水瓶の中 (桜/花言葉:華美・精神美,蓮華/花言葉:私の幸福・心が和らぐ)

302

ふと覗いた水瓶の中、水に浮かんだ花びら・・・可憐、そして美しいと想った。理屈なんて何も無く・・・ただそう想えたのよねconfidentnotes

No.301 足湯 (秋保/天守閣自然公園)

301

自然の中、温泉湯に足を入れ時間を忘れボーッと・・・最高ですよ~note足は健康のバロメーター。つぼも沢山あるんですよね・・・足裏に。足湯は自分へのご褒美ですねspafoot

No.300 庭園 (秋保/天守閣自然公園)

300

毎日の生活に追われ過ぎる時間の中、たまには頭の中 空っぽにして心も無にして自然の中に身を置き自然に耳に入って来る音、頬をなでる風、光、等々楽しんでみてはいかがでしょうかsign02

No.299 看板狸 (秋保/木の家)

299

No.298 きのこの子 (絵:佐々木絵里子)

298

No.297 優しいお月様 (絵:佐々木絵里子)

297

No.296 秋の妖精(絵:佐々木絵里子)

296

No.295 絆星(絵:佐々木真理子)

295

3月11日震災の夜を描いた(真理子)イラストにエッセイを載せてみました。あの日を境に物の見方、考え方が変わったと・・・よく耳にします。きっと究極の幸福論なんだろうなぁ~。宇宙の営みは時として、想定外の事を私達の上に起こすものです。又小さな小さな生き物達にも愛情をそそいでくれます。あの日の星空はこの目に焼きついて忘れられません。宇宙から私達へのメッセージだったのでしょうね。

秋保木の家20周年記念フォトエッセイ展無事終了しました。

会場に足を運んで頂いた皆様有難うございました。

御蔭様でとても充実した楽しい3日間となりました。

20111001

20111002_3

20111003   

20111004

20111005

No.294 ホットリップス(花言葉:燃える思い・知恵・尊重)

294

この花、かわいいですよね~。形といい、色といい、巫女様に似てると誰かが言ってますけど本当ですね。自然の創り出す形や色、毎日の生活の中気がつかないのが普通なのかも・・・。でも気がつける心が人を豊かにしますよね。lovely

秋保の木の家20周年記念 なおかつフォトエッセイ開催

2_a4

木の家(仙台市太白区秋保町湯元字馬乙2-1)

秋保の里(木の家)春にミニ個展でお世話になりました。開業なされて今年で20年と言う事で、この秋様々の催しをされるそうです。その仲間入りで〝なおかつ〟もちょっとだけ参加させていただく事になりました。木の家さんの周りや天守閣自然公園の中の草花達を4ケ月間撮影させていただき、エッセイを創らせていただきました。お時間がございましたらご近所の皆様お出かけ下さい。とっても心いやされる処ですよ。happy01good

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

秋保天守閣公園・木の家

エステサロン おかあさん

アトリエの森 パート2

さくらの訪問看護ステーション