フォト

☆自然散歩の写真館☆

  • 36 水色日本雨蛙
    身近な自然を写真で紹介します。 ほとんどの写真が庭や散歩中に撮ったものです。 うさぎの鼻の上にとまっているウラギンシジミは、毎年やってきます。とてもなつっこいので以前飼ってた犬が生まれ変わって遊びに来ているのではと思ってます。

☆なおかつさんちの猫写真館☆

  • Earo_tiko_miko
    三毛猫エアロ♀ きじとら猫 チーコ♀ グレー猫 ミーコ♀はなおかつの家族です。 私達家族にかかわる、猫ちゃん・犬ちゃんの写真館です。

☆緑と彫刻の散歩道☆那智が丘

  • 38 《ZOOMORPHISM-雄》 杉山 仁氏
    団地の公園の中に☆緑と彫刻の散歩道☆という彫刻を紹介します。

☆Mariko.S An Illustration

  • M042 お昼寝
    真理子は〝なおかつ〟の長女です。娘の心の世界観を彼女の感性で描いてます。ご覧いただければ幸いです。

☆フォトエッセイ集 言霊(ことだま)

  • 表紙 ケマンソウ(鯛釣草)
     なおかつ フォトエッセイ集 言霊(ことだま)を紹介します。 言霊(ことだま)は、皆様の応援をいただいて、私たち夫婦(なお&かつ)が心をこめて作ったフォトエッセイ集です。是非、ご覧になってください。一冊2500円で販売してます。また、ポストカードも1枚100円で販売してます。ご希望の方はメールでご注文をお受けしますので宜しくお願い申し上げます。     『言霊』取扱店舗紹介  ○秋保 木の家(仙台市太白区)  ○オーガニック・カフェ ダオタオ(岩沼市)  ○エステサロン おかあさん(名取市)  ○図面工房なおや(名取市) お陰様で『言霊』は完売いたしました。 有難うございました。 『言霊2』を出せる様頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

☆フォトエッセイDVD「半世紀」

  • 表紙
    なおかつが半世紀生きた今だからこそ思うこと・・・をDVDにまとめました。癒やしのクラッシックオルゴール音と共にフォトエッセイのスライドショウをご覧いただけます。価格は2,000円(税込)です。

笑顔 (東日本大震災)

  • 春の息吹き(いのち)
    東日本大震災より、丸6年が過ぎました。目で見える復興は本当にゆっくりですが進んでいます。ある人が、阪神淡路大震災も20年をかけ復興を考えた・・・。と話されてました、だとすればまだ たった6年しかたってません。震災に遭われた皆様の心の内を思うと、何もできない自分達の無力さばかりで胸を締め付けられます。でも今年も春が廻ってきました。大地の生命力、エネルギーが皆様の生きる力に寄添ってると信じたいです。私事ですが、私の母は今年93歳になります。関東大震災が起きたのは母が誕生する1年前で、祖父が復興を願い母の名を興子(おきこ)と名付けたそうです。母たちはその当時、満州国・奉天に住んでいて海の向こうの祖国の大災害を祖父たちがどれほど心を痛めていたか母の名前から想う事が出来ます。今の世の中は情報が伝わるのは一瞬の間。世界中で起きる災害を知り、それぞれの立場で出来る事で力を尽くしてます。その方々には本当に感謝の気持ちを持ち、何もできない私達はせめて忘れないでいたいものですね。7年目のこの一年、一人でも多くの方が当たり前の生活ができる様になれば良いと願っております。
無料ブログはココログ

« No.256 姫踊子草(花言葉:春の幸せ・いつも楽しげに・陽気・快活) | トップページ | No.258 命の蕾(梅/花言葉:澄んだ心・忍耐・厳しい美しさ) »

No.257 蕪の花(花言葉:慈愛・慈善・情け・助け・晴れ晴れと)

257

4月7日PM11時32分、震度6弱・・・33年前の宮城県沖地震とほぼ同じ強さの地震でした。不思議な事に3月11日の地震も今回も同じ木曜日・・・。ちょうど4週間後でした。怖かったです。揺れは前回より少し弱く、短かったそうですが・・・。88歳の母がいたので守らなければという思いと、前回の時の怖さの記憶が甦ったからでしょうね。母をベッドから起こし抱き寄せたら震えていました。身を寄せながら揺れが治まるのを待ちました。かつさんは猫をしっかり抱き玄関に佇んでいました。揺れの割には物が壊れたりの被害はありませんでした。でもショックでした・・・。たった一ヶ月足らずのうちにこんな強い地震が2度も来るなんて。今回の地震は津波も大した事なく、私達の所はライフラインも無事で助かりました。地域によっては前回の時と同じぐらいの被害が出ている様です。息子の住んでいる地域はここ以上揺れがひどく自宅がマンション10階なので、前回以上部屋の中がメチャクチャだとか・・・。エレベーターが使え無いので2歳の子供を抱いて階段を下り外に出たそうです。やっと片付けて前の生活取り戻したと思ったら・・・とガッカリしてました。きっとそう思ってる人達沢山いる事でしょうね。地震が収まってかつさんと庭に出てみました。我が家は高台にあるので下の様子が見えます。驚いた事にこちらの団地に向かい車が何台も上って来るではありませんか。津波を恐れて非難してくる車だったのです。何台も何台も・・・地震が起きてからそう時間が経ってないのに・・・凄いなぁ~と思うと同時に、それだけ怖い思いした人達が沢山いるんだなぁ~・・・と。それからもうひとつビックリしたのはガソリンスタンドに、もの凄い車の列が出来た事、コンビ二に人が殺到した事です。それだけ皆、危機感を感じたのでしょうね。近所の熊野堂神社に〝船の錨が納められてた。〟とかつさんから聞きました。自然の怒が治まる様に・・・なのでしょうね。本当にもういいです・・・もう。

« No.256 姫踊子草(花言葉:春の幸せ・いつも楽しげに・陽気・快活) | トップページ | No.258 命の蕾(梅/花言葉:澄んだ心・忍耐・厳しい美しさ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

ポチッとありがとうございました。写真もエッセイもとても素敵なブログですね。

宮城県にお住まいなんですね。震災大変でしたね。早く余震がおさまり日常が戻ってくることを願っています。
私は愛知県に住んでいます。震災の報道を見ながら、もし、東海地震が起きたらどうなるだろうか、とダンナと話しました。20年後、30年後だったら動けるだろうか、とも。(私たちも気づけば半世紀以上生きているので)

また訪問させていただきます。

sonoさん。コメント有難うございます。日本中どこにいても地震は心配ですが、宮城県沖地震の次に発生確率が高いのが東海地震と言われていますので、普段の備えをしっかりしておいてくださいね。
今回は"まさかこんな事が"という信じられないことばかりが起きました。しかも身近な人の家が流されたり亡くなったり・・・、奇跡的に助かったり・・・。
大きな被害を受けた方々の事を思うと胸が痛いです。まだまだ傷は癒えませんが、前を向いて歩いて行こうと思います。

宮城県にお住まいなんですね。
私は京都に住んでいるので、今回の大震災はテレビを通しての事しか分かりませんが、毎朝、東日本が一日でも早く復興する様にと手を合わせております。
被災地の状況を毎日テレビで見て、被災された方の事を思うと、地震の日からしばらくは、始めたばかりのブログが書けなくなっていました。何の力も貸す事の出来ない自分に、わずかな募金しか出来ない自分に戸惑い情けなさを感じてました。
だけど、西日本に暮らす私達は今まで通りの生活を送る事こそ大事なんだと聞かされ、これまでと変わらない生活をさせてもらっています。もちろん節電などの意識はこれまで以上に高くなりました。

これからブログにちょこちょこお邪魔しに伺いますね。

ちこさん。コメント有難うございました。こちらは水道やガスが使用できないところがまだまだたくさんあります。今日で1ケ月経過したというのに、夕方また大きな余震がまたありました。いつになったらこの不安な生活から抜け出せるのかわかりません。我家は被害が少なく、比較的早くライフラインが復旧したので普段どおりの生活に戻りつつあります。少しでも前向きな生活がおくれるようフォトエッセイ創りを再開したところです。
これからも宜しくお願いします。
毎日ウォーキングしても、なかなか痩せられないAB型の"かつ"さんより。

震災の日から1ヶ月~未だに大きな余震があり被災なさった方々の恐怖は如何ばかりかと~
そんな中
なおかつさまの素敵なエッセイと写真から私たちの方がいっぱい元気を頂いているようで嬉しいですheart04
一日も早く普通の暮らしに戻れると良いですね。
大丈夫~今皆が一つになっているから~♪
bookタイトルの花名、花言葉も新鮮で図鑑が出来そうですねhappy01

名取市にお住まいだったのですね。
私は実家が仙台ですが、名取、岩沼、亘理に友人や友人の実家があり、ニュースを見てどきどきしています。
とにかくご無事で何よりです。
本当に余震というには強い地震が次から次。
地元の方は特につらいことと思います。

地震が落ち着いて、どんどん前進していくことを祈ります。
私も宮城県沖地震を体験しましたが、今回の異常な震災に驚くばかりです。

koutanbabaさん。今晩は。コメント有難うございました。
本日こちらでは桜の開花宣言があり、紋白蝶が舞い始めました。季節は確実に春になっています。地震の影響で目標だった5月の個展も中止となり、残念に思っていますが、こういう時だからこそフォトエッセイが必要なんだよという暖かいお声をいっぱいかけて頂いて、創れなかったフォトエッセイも少しずつ創り始めています。これからは次のSTEP目指して頑張ります。今日の出逢いに感謝です。(かつ)

ままさん。書き込み有難うございます。
ままさんは仙台のご出身なんですね。
ご実家の方は被害はどうだったんすか。
今日長町近辺を車で走ったら道路がいたるところでいまだ陥没、モルタル造りの家の壁がざっくり落ちてたり等爪痕がぃっぱい残っています。1ヶ月ぶりで連絡が取れた海岸沿いに住んでいた知人は何もかも流されてしまって海の中から電話してます等と明るく冗談を言ってましたが、かける言葉もありませんでした。
まだまだ全ての地域が復旧するまでは多くの時間と労力がかかるようですが、全国から駆け付けてくださった方々や全国の支援くださっている皆様の御蔭で、少しずつですが確実に復旧しています。とても感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも余震がまたまだ続くようですが、慣れっこになるのが一番怖いです。初心に戻って緊急時の対策をもう一度再確認しなくてはと思います。
ままさんも気をつけてくださいね。(かつ)

連日、大きな余震が続いてご心配な毎日だとお察しいたします。
お母様を抱き寄せたら震えていたという件に、つい泣いてしまいました。
うちの母は低酸素脳症でもう3年も病院におります。自分はほぼ毎日病院に通っておりますが、もし巨大地震が起こったとしたら、母を連れて逃げるどころか、抱き寄せる事もできないのではないかと思っています。
自然の前で、人は何と無力なんだろう。
でも、それでも未来へ進んでいくのが人なんだろうなとしんみりしてしまいました。
一日も早く、落ちついた日々が訪れる事を心から願っています。

maamさん。今日は。書き込み有難うございます。
ご病気のお母様も心配ですね。お大事になさってください。万が一の場合はできるだけお母様のそばにいてあげでくださいね。それだけで安心なさると思います。
被災者の方々のためにいろいろな活動されているのですね。感謝いたします。
私もこんな時に写真なんて撮ってていいのかなと疑問に思った時もありますが、今自分に出来ることを少しでもやろうと割り切って朝散歩の時に撮ってます。今朝も日の出と共に起きて日の出や桃や桜の花を撮ってきました。ホットな写真を皆さんにお届けできたらと思っています。今日の出逢いに感謝。自然の恵みに感謝。
お体を大切に(かつ)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547031/51333139

この記事へのトラックバック一覧です: No.257 蕪の花(花言葉:慈愛・慈善・情け・助け・晴れ晴れと):

« No.256 姫踊子草(花言葉:春の幸せ・いつも楽しげに・陽気・快活) | トップページ | No.258 命の蕾(梅/花言葉:澄んだ心・忍耐・厳しい美しさ) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

秋保天守閣公園・木の家

エステサロン おかあさん

アトリエの森 パート2

さくらの訪問看護ステーション

最近のトラックバック