笑顔 (東日本大震災)

  • 春の息吹き(いのち)
    東日本大震災より、丸6年が過ぎました。目で見える復興は本当にゆっくりですが進んでいます。ある人が、阪神淡路大震災も20年をかけ復興を考えた・・・。と話されてました、だとすればまだ たった6年しかたってません。震災に遭われた皆様の心の内を思うと、何もできない自分達の無力さばかりで胸を締め付けられます。でも今年も春が廻ってきました。大地の生命力、エネルギーが皆様の生きる力に寄添ってると信じたいです。私事ですが、私の母は今年93歳になります。関東大震災が起きたのは母が誕生する1年前で、祖父が復興を願い母の名を興子(おきこ)と名付けたそうです。母たちはその当時、満州国・奉天に住んでいて海の向こうの祖国の大災害を祖父たちがどれほど心を痛めていたか母の名前から想う事が出来ます。今の世の中は情報が伝わるのは一瞬の間。世界中で起きる災害を知り、それぞれの立場で出来る事で力を尽くしてます。その方々には本当に感謝の気持ちを持ち、何もできない私達はせめて忘れないでいたいものですね。7年目のこの一年、一人でも多くの方が当たり前の生活ができる様になれば良いと願っております。

☆フォトエッセイ集 言霊(ことだま)

  • 表紙 ケマンソウ(鯛釣草)
     なおかつ フォトエッセイ集 言霊(ことだま)を紹介します。 言霊(ことだま)は、皆様の応援をいただいて、私たち夫婦(なお&かつ)が心をこめて作ったフォトエッセイ集です。是非、ご覧になってください。一冊2500円で販売してます。また、ポストカードも1枚100円で販売してます。ご希望の方はメールでご注文をお受けしますので宜しくお願い申し上げます。     『言霊』取扱店舗紹介  ○秋保 木の家(仙台市太白区)  ○オーガニック・カフェ ダオタオ(岩沼市)  ○エステサロン おかあさん(名取市)  ○図面工房なおや(名取市) お陰様で『言霊』は完売いたしました。 有難うございました。 『言霊2』を出せる様頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

☆フォトエッセイDVD「半世紀」

  • 表紙
    なおかつが半世紀生きた今だからこそ思うこと・・・をDVDにまとめました。癒やしのクラッシックオルゴール音と共にフォトエッセイのスライドショウをご覧いただけます。価格は2,000円(税込)です。

☆Mariko.S An Illustration

  • M042 お昼寝
    真理子は〝なおかつ〟の長女です。娘の心の世界観を彼女の感性で描いてます。ご覧いただければ幸いです。

☆なおかつさんちの猫写真館☆

  • Earo_tiko_miko
    三毛猫エアロ♀ きじとら猫 チーコ♀ グレー猫 ミーコ♀はなおかつの家族です。 私達家族にかかわる、猫ちゃん・犬ちゃんの写真館です。

☆自然散歩の写真館☆

  • 36 水色日本雨蛙
    身近な自然を写真で紹介します。 ほとんどの写真が庭や散歩中に撮ったものです。 うさぎの鼻の上にとまっているウラギンシジミは、毎年やってきます。とてもなつっこいので以前飼ってた犬が生まれ変わって遊びに来ているのではと思ってます。

☆緑と彫刻の散歩道☆那智が丘

  • 38 《ZOOMORPHISM-雄》 杉山 仁氏
    団地の公園の中に☆緑と彫刻の散歩道☆という彫刻を紹介します。
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

No.262 桜メジロ (花言葉:優れた美人・純潔・精神美)

262

目白(メジロ)/鳥言葉:素直な心

日本人は桜好きですよね。いっぱいの桜の花見てると〝春だ~♪〟心が開放感でいっぱいになるよね。特に冬の厳しい北国ではね。lovely

No.261 すみれ(花言葉:謙遜・誠実・つつしみ深さ・小さな幸せ)

261

この花に出会えた時、本当に綺麗だと思えたのね。自分の心の中覗かれた気がしたの。むずかしいけれどこの先、綺麗な心で生きて行きたいと・・・。花に問いかけられた気がしたんだよね。wink

No.260 笑顔桜(花言葉:優れた美人・純潔・精神美)

260

先日、テレビで被災地の方が話されていました。〝やっと涙が出てくる様になった・・・〟と。震災から、ひと月が経ち私達の生活圏内は何事も無かったかの様に普通の時間が流れてます。それでも車で走っていると瓦屋根がくずれ青いシートのかかっている家やブロック塀や家の壁がくずれている家、亀裂や割れ目の入った道路を見ます。夢ではなく本当にあった事だったのですね。被災にあったすべての人達に、大きくても小さくても心に深い傷になりました。震災後よく〝考え方が変わった・・・〟と聞きます。人間の知恵や力をもってもどうにも出来ない事が目の前に起きてしまったからなのでしょうね。そして一番にすべての人が〝命〟の尊さ、大事さ・・・今自分が生きている事について思った事でしょう。〝かんばって〟〝絆〟〝ありがとう〟〝大丈夫〟〝一人ではないよ〟・・・沢山、沢山、励ましの言葉が流れていますが、それに負けないぐらい桜の開花は私達の心を和ませてくれていますね。confident

No.259 ムスカリ(花言葉:寛大なる愛・明るい未来・通じ合う心)

259

あんまり目の前に辛い事や悲しい事がありすぎて、ふと嬉しい事って、楽しい事って、幸せな事って・・・どんなんだっけ~。そう思ってみたら苦しい事があったから乗り越えたから喜びがあるよなぁ~。例えば登山の様にね。傷つけば人の痛みがわかり人に優しくなれるし、そう思うと不幸は幸せの裏側なのかもね。recycle

秋保の"木の家"でミニ個展を開くことになりました。

Data

木の家(仙台市太白区秋保町湯元字馬乙2-1)

第2回個展を昨年同様、県美術館県民ギャラリーにて開催しようと60%準備が進んでいました。残念な事にこの度の震災において、美術館に被害があり中止せざるおえませんでした。震災の直後は個展どころでなく、中止も当たり前だと思ってました。少しずつ普段の生活が戻ってきた時、個展の準備に胸弾ませスタッフ一同頑張ってた日々がなくなってしまった事に皆で落胆してしまいました。そんな時、偶然が重なり〝木の家〟郊外の温泉地の中にあるギャラリーにて、美術館で予定していた1/3程の展示ですがミニ個展を開催できる事になりました。この度の震災で私達なりに〝命〟と向き合わされ、大自然の営みの中には、言い尽くせないぐらいの感動を見せられたり、今回の様な厳しさ恐ろしさを知らされたり、又命を始め沢山の恵みを与えられている事、あらためて教えられました。その〝命〟をテーマにこの個展は皆様に私達の思いを伝える事ができれば幸いだと思っております。そしてこの個展が開催できる事感謝いたします。

No.258 命の蕾(梅/花言葉:澄んだ心・忍耐・厳しい美しさ)

258

この震災で、被害が少なく生命に危険のなかった人。津波に巻き込まれたり、地震によって怪我をしてもいろんな人達に助けられた人。残念で悔しいけど夜空の星になってしまった人。そして今から産まれて来る命。全部命の重さは同じだよね。このフォトエッセイは〝なおさん〟の親友の娘さんに贈ったものです。彼女はこの7月に二人目の赤ちゃんが産まれます。赤ちゃんのパパとおばあちゃんが津波につれて行かれてしまいました。3年半前、結婚式に招待され・・・自分の娘の様に可愛くて親友のお腹にいる時から今日まで成長を見守って来ただけに、結婚式の幸せな二人の笑顔が瞼の奥にはりついて離れません。ある朝、親友が一枚のDVDを持って来ました。娘達の結婚式のが水に浸かってしまったけど見付かった・・・と。思い出なので何とかならないかと・・・。〝かつさん〟が何とかしてくれました。数枚ダビィングして、ケースに入れそのケースにこのフォトエッセィを差し込んで完成させました。届けた時、彼女は食入る様に見ながら〝ありがとう、ありがとう・・・〟と涙がポトン、ポトンと・・・。産まれて来る赤ちゃんにも、何度も何度も見せて行くんでしょうね。親友の家は流されなかったけれど水に浸かってしまい、もう住めない・・・と。そしてそこには新しく家を建てたとしても、もう住みたくない・・・と。それほど怖い思いをしたんですね・・・。今は仙台市内の実家に身を寄せていて、これからの事考えて行くとか・・・今までと同じ生活取り戻すのに何年かかるんだろう~ねぇ・・・と。とにかく今は娘さんが、無事お産が出来る様それだけを願ってると話してました。とにかく立ち止まってはいられません。目の前の出来る事から動き出さねば・・・ですよね。私達も元気な赤ちゃんの誕生を祈ります。そして掛け替えのない命を見守り続けたいと思います。

No.257 蕪の花(花言葉:慈愛・慈善・情け・助け・晴れ晴れと)

257

4月7日PM11時32分、震度6弱・・・33年前の宮城県沖地震とほぼ同じ強さの地震でした。不思議な事に3月11日の地震も今回も同じ木曜日・・・。ちょうど4週間後でした。怖かったです。揺れは前回より少し弱く、短かったそうですが・・・。88歳の母がいたので守らなければという思いと、前回の時の怖さの記憶が甦ったからでしょうね。母をベッドから起こし抱き寄せたら震えていました。身を寄せながら揺れが治まるのを待ちました。かつさんは猫をしっかり抱き玄関に佇んでいました。揺れの割には物が壊れたりの被害はありませんでした。でもショックでした・・・。たった一ヶ月足らずのうちにこんな強い地震が2度も来るなんて。今回の地震は津波も大した事なく、私達の所はライフラインも無事で助かりました。地域によっては前回の時と同じぐらいの被害が出ている様です。息子の住んでいる地域はここ以上揺れがひどく自宅がマンション10階なので、前回以上部屋の中がメチャクチャだとか・・・。エレベーターが使え無いので2歳の子供を抱いて階段を下り外に出たそうです。やっと片付けて前の生活取り戻したと思ったら・・・とガッカリしてました。きっとそう思ってる人達沢山いる事でしょうね。地震が収まってかつさんと庭に出てみました。我が家は高台にあるので下の様子が見えます。驚いた事にこちらの団地に向かい車が何台も上って来るではありませんか。津波を恐れて非難してくる車だったのです。何台も何台も・・・地震が起きてからそう時間が経ってないのに・・・凄いなぁ~と思うと同時に、それだけ怖い思いした人達が沢山いるんだなぁ~・・・と。それからもうひとつビックリしたのはガソリンスタンドに、もの凄い車の列が出来た事、コンビ二に人が殺到した事です。それだけ皆、危機感を感じたのでしょうね。近所の熊野堂神社に〝船の錨が納められてた。〟とかつさんから聞きました。自然の怒が治まる様に・・・なのでしょうね。本当にもういいです・・・もう。

No.256 姫踊子草(花言葉:春の幸せ・いつも楽しげに・陽気・快活)

256

いっぱい〝頑張ってね・・・。〟って今聞くけど、自分に余裕が無ければ心に響かないんだよね。頑張ってるのに、頑張れって・・・。そう思ったら頑張れってが言えなくなったのね。でも辛くても悲しくても、でも今これをしないではいられない・・・と、本当に頑張ってる人からの〝頑張れ~。〟は、胸が熱くなるぐらい響いて負けられない・・・と元気貰っちゃうねheart01

No.255 黒猫柳(花言葉:自由・努力が報われる・親切・思いのまま)

255

いい大人になっても、人に挨拶の出来ない人に出会ったのね。少しビックリしたけど・・・思ったのは、その人の人生ものすごく損してるよねって教えてあげたかった~ぁimpactそれって余計なお世話でしょうかsign02

No.254 木付子(花言葉:出合い・待ち合わせ・魅惑)

254

歳のせいでしょうか、何事も億劫になってお尻が重くて面倒くさくなってしまいがちのこの頃。でもそんな自分を奮い立たせ映画を見に出かけたり、どなたかの講演会を聞きに行ってみたり、少し早起きしてウォーキングしてみたり何でも良いから行動してみれば思ってた以上に何かに出会えたりするものよね。winkgood

No.253 西洋蒲公英(花言葉:真心の愛・神のお告げ・愛の神託)

253

人の為と思い自分なりにつくしても、その評価を金額にされたりお金で済まそうとされる事ってありませんか?そんな時何か割り切れない思いになりますよね。 yenmoneybag

No.252 福寿草(花言葉:幸福を招く・祝福・永久の幸福)

252

福寿草は種を蒔き花が咲くまで7年かかるそうです。地植えのものは葉が出てから花が終わるまで3ヶ月だそうです。春の声と共に美しい黄色い花、なぜか元気もらいますね・・・。notes

No.251 サンシュユ(花言葉:持続・耐久・強健)

251

生きるってしんどいよね。これでもか、これでもかっていろんな事が起きて時には落ち込んで体が重く疲れを感じてね。津波にのまれてしまった多くの方達を思えば、生かされてる事へ感謝して前を見て生きて行かなければならないね。scissorshappy01

No.250 素心蝋梅(花言葉:優しい心・慈愛・愛情)

250

蝋梅・・・梅ではなく楠の仲間だそうです。春先梅が咲き乱れる今頃咲き、とても良い匂いがします。結構蝋梅が好きな方がいますね。ろうそくの蝋で作った梅の花の様です。唐から伝わったので唐梅とも言われてるそうですよ。この地震で88歳の母を自宅に避難させ、お世話しています。母住まいであるマンションが建物はたいした被害ではありませんでしたが、部屋の中が食器は粗方こわれ、物は散乱して、まだガスが復旧せずまたまだ生活が出来る状態ではありません。お世話をしながら自分がもしこんな時、母の年齢だったらどうだっただろう・・・と本当に考えてしまいます。think

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

秋保天守閣公園・木の家

エステサロン おかあさん

アトリエの森 パート2

さくらの訪問看護ステーション