フォト

☆自然散歩の写真館☆

  • 36 水色日本雨蛙
    身近な自然を写真で紹介します。 ほとんどの写真が庭や散歩中に撮ったものです。 うさぎの鼻の上にとまっているウラギンシジミは、毎年やってきます。とてもなつっこいので以前飼ってた犬が生まれ変わって遊びに来ているのではと思ってます。

☆なおかつさんちの猫写真館☆

  • Earo_tiko_miko
    三毛猫エアロ♀ きじとら猫 チーコ♀ グレー猫 ミーコ♀はなおかつの家族です。 私達家族にかかわる、猫ちゃん・犬ちゃんの写真館です。

☆緑と彫刻の散歩道☆那智が丘

  • 38 《ZOOMORPHISM-雄》 杉山 仁氏
    団地の公園の中に☆緑と彫刻の散歩道☆という彫刻を紹介します。

☆Mariko.S An Illustration

  • M042 お昼寝
    真理子は〝なおかつ〟の長女です。娘の心の世界観を彼女の感性で描いてます。ご覧いただければ幸いです。

☆フォトエッセイ集 言霊(ことだま)

  • 表紙 ケマンソウ(鯛釣草)
     なおかつ フォトエッセイ集 言霊(ことだま)を紹介します。 言霊(ことだま)は、皆様の応援をいただいて、私たち夫婦(なお&かつ)が心をこめて作ったフォトエッセイ集です。是非、ご覧になってください。一冊2500円で販売してます。また、ポストカードも1枚100円で販売してます。ご希望の方はメールでご注文をお受けしますので宜しくお願い申し上げます。     『言霊』取扱店舗紹介  ○秋保 木の家(仙台市太白区)  ○オーガニック・カフェ ダオタオ(岩沼市)  ○エステサロン おかあさん(名取市)  ○図面工房なおや(名取市) お陰様で『言霊』は完売いたしました。 有難うございました。 『言霊2』を出せる様頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

☆フォトエッセイDVD「半世紀」

  • 表紙
    なおかつが半世紀生きた今だからこそ思うこと・・・をDVDにまとめました。癒やしのクラッシックオルゴール音と共にフォトエッセイのスライドショウをご覧いただけます。価格は2,000円(税込)です。

笑顔 (東日本大震災)

  • 春の息吹き(いのち)
    東日本大震災より、丸6年が過ぎました。目で見える復興は本当にゆっくりですが進んでいます。ある人が、阪神淡路大震災も20年をかけ復興を考えた・・・。と話されてました、だとすればまだ たった6年しかたってません。震災に遭われた皆様の心の内を思うと、何もできない自分達の無力さばかりで胸を締め付けられます。でも今年も春が廻ってきました。大地の生命力、エネルギーが皆様の生きる力に寄添ってると信じたいです。私事ですが、私の母は今年93歳になります。関東大震災が起きたのは母が誕生する1年前で、祖父が復興を願い母の名を興子(おきこ)と名付けたそうです。母たちはその当時、満州国・奉天に住んでいて海の向こうの祖国の大災害を祖父たちがどれほど心を痛めていたか母の名前から想う事が出来ます。今の世の中は情報が伝わるのは一瞬の間。世界中で起きる災害を知り、それぞれの立場で出来る事で力を尽くしてます。その方々には本当に感謝の気持ちを持ち、何もできない私達はせめて忘れないでいたいものですね。7年目のこの一年、一人でも多くの方が当たり前の生活ができる様になれば良いと願っております。
無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

小渋滞1時間並んでガソリン満タンGET

Photo 

震災後20日、物資も徐々に流通し始め、先週4時間近く並んでガソリンGETしましたが、今日は運が良かったのか1時間並ぶだけでで満タンに入れることができました。待っている間、道路沿いの畑に嘴太烏がおいしそうにキャベツを食べてました。なんとたくましいカラスさん達。私達の住んでいるところは被害が少なく、ライフラインもすべて復旧しましたが、まだまだ復旧していないところがたくさんあるようです。ちなみに仙台市近郊では都市ガス復旧率は30日現在で約14%だそうです。全域の復旧するのに1ケ月とも言われてます。みなさんもう少しの辛抱です。お互いに前向きに1歩ずつ歩いていきましょうね。復旧活動にあたっている方々に深く感謝します。有難うございます。

桜の季節となりました。

ココログ広場で桜の花が咲いてましたので記念撮影してきました。こちら宮城は、あと3週間ぐらいかな~。

2011.3.29に撮影した【なおかつ】さんの【ソナタ広場2】での写真です。

No.249 季節梅(花言葉:高潔・上品・厳しい美しさ)

250

私達の住む日本は四季がはっきりしている国なので、昔から良く四季を人生に譬えられたりしますね。半世紀も生きてきた私達いったい季節は・・・?maple

待望のガス復旧(被災後17日ぶり)

Photo

地震後、一日一日を過ごす事に一生懸命でいました。ライフラインも全て回復しホットしました。ふと気がついたら梅の花が、優しい色で心和ますかの如く咲いてました。確実にこの北国に春が訪れてます。道ばたには蕗の薹、まんさくと探すと春が・・・。今朝の日差しは春、でも夕方には雪が舞うとの天気予報。人々の心の中にも春の兆しを感じながらも本当の春はもう少し後、もう少しの我慢・・・と。昨日、知人の旦那様が遺体で見つかったと聞き、私も落ち込みました。こちらでは火葬にできず山形県にて火葬するそうです。お墓もお寺も津波に飲まれてしまい入れるお墓も今はないそうです。山形へもガソリンのある人しか行けない・・・なんて。でもこれが現実なんですね。腹が立つし、悔しいし、悲しすぎます。報道では亡くなられた方がどうなってるかなんて、ご遺族の方々への配慮もあり知らされてない様です。お棺も全然足りてないとか・・。火葬場も被害にあい使えなかったり、燃料不足で火葬できないとか・・・そのため土葬にして、2年程したら火葬にするそうです。それもこれも現実です。私がそれを聞いてもこんなに胸が痛いのに、ご遺族のお気持ち思えばかける言葉も探せません。それでもご遺族はご遺体が戻られただけでも良かったと涙されてました。毎日、何方かとお話すると本当に本当に奇跡をいっぱいお聞きします。昨日ガスが復旧したので、久しぶりにゆっくりお風呂に入る事ができました。ところが今日のニュースでは、下水処理場が被害にあい処理能力が落ちてて汚水が溢れているそうです。ライフラインが復旧して洗濯やお風呂で下水の量が増したからだそうです。水使用の自粛を呼びかけていました。いかに地震前の当り前の生活が素晴らしかったか思い知らされます。便利な世の中に慣れすぎてた私達、今何が出来るか考え智恵をしぼって生活すべきだとつくづく思って居ります。

第2回なおかつフォトエッセイ展は地震の影響により中止になりました。

2011

今年も個展を準備してました。地震後会場である県美術館より、館の被害状況が酷く、復旧の見込みがつかない為、とりあえずキャンセルの連絡が入りこの事態仕方が無いと諦めざるを得ないなぁ~・・・と。このチラシは配るばかりに準備していた物です。地震のショックとダブルパンチに目の前の目標がガシャ~ンと音をたてて崩れました。もう少し落ち着いたら又、何か考える事にしました。楽しみにしていて下さった皆様には本当に申し訳ございません。きっと近いうちにご覧頂ける様努力いたしますのでお待ち下さいね。

大渋滞3時間半並んででやっと3000円分ガソリンGET

400

地震後14日目。朝5時起きして近所のガソリンスタンドに並びました。今日の情報は確実と思いゲット出来ると信じ並びました。(実は昨日も別のスタンドに並んだのですが・・・断念しました。)3時間半並んで18.75リッター(3,000円)入れる事が出来ました。実に16日ぶりの給油でした。これで少しは仕事で動ける様になるとホットしています。地震直後から比べれば、並ぶ時間は短くなってはいますが・・・。車に毛布を持ち込みエンジンを切り寒さを我慢それにトイレもね。ひたすら待ちました。ゲット出来た時はこれで一週間は何とかなる・・・と。その後はもう少し状態が良くなってるだろう・・・と。昨日、運良く灯油も18リッター手に入り、一昨日は卓上コンロガスボンベもゲット出来ました。ガスがまだなので煮炊きは卓上コンロを頼ってます。昨日は、きんぴらごぼうに芋サラダと少し火を贅沢に使い料理して、お隣さんにも食べていただきました。料理ができる、こんなことがストレス解消になりましたよ。地震からもう2週間経つのですね・・・。確実に少しずつ自分達の周りは良くなって来ていると感じます。そろそろ月末ですね。銀行はどうなってるんでしょうか?今日は銀行の様子みてこようと思います。今まで当り前だった事が当り前に出来ないこんなにも不自由な思いをするのね。この地震は多くの事を今の私達に語りかけました。この語りかけによ~く耳を傾けていかなければならないと思う毎日です。

被災地の空に虹

Photo

地震発生後10日目。今にも雨が降ってきそうな空模様。お日様がでてないので寒い・・・。被害の少なかった我家でもガスがまだ使えないので卓上用コンロを利用している。電気が使えるのでホットプレートやオーブンも使い料理している。ガスがでないと困るのはお風呂だ。我が家には母や兄、長男家族が避難していた。温泉にでも行ってとも思うがガソリンの事思うと動けない。何せ食料確保のため使うガソリンだから・・。近所のパーマ屋さんからシャンプーのお誘いいただき、気がすすまない88歳になる母を説得して出かけた。地震後初めてのシャンプーさっぱりして気持ちよかった~。母もとても喜んでいて連れて行って本当に良かった。ガスが出るまで1ケ月以上かかるとか・・。ガソリンが通常通り入れられるようになれば近くの温泉に連れて行ってあげようと思う。もうしばらくの辛抱だね。長男家族は明日から仕事に戻るので自宅に戻って行った。マンションの部屋が10階なので地震直後余震が怖くて部屋で寝ることが出来ず、数日避難所に車置きその中で寝ていたそうだ。なんとかガソリン、ゲットして我が家にやって来たと言う訳。私達も明日から通常通り仕事に戻ろうと思う。と言ってもお客様や下請けさんはどうなんだろうか・・・。開店休業状態かもしれないが、気持ちだけでも通常に戻したいと思う。当分は母を抱えての仕事になるが・・・。話は戻るが、昨日近所のスーパーが開くと言うので朝9時前から並んだ。すでに200人程並んでいた。10時にオープンして、人数制限され一家族10点の買い物と決められ、2時間で閉めると・・。並んでる誰もが、自分迄まわるか不安になる。それに何が買えるのか。いよいよ自分達の順番が来て店内へ誘導された。目を疑った・・・。米、大根、ブロッコリー、いちご・・・思ったより品物がある。とにかくおかずになる物を・・・。カップメンを買う人は少なく、魚の干物や塩辛・・・缶詰、牛乳等。我家は鰹節(猫達に)。なんとか数日は食べれる。ガスボンベは無かった・・・。避難所にいらっしゃる方々もご家族が亡くなられた方々もそして私達も皆、皆、何かを堪え一日一日前に進んでいる。今回程〝頑張れ〟の響きが虚しく腹立たしく聞こえた時はなかった。一昨日、空に大きな虹の橋がかかった。自然からの無言のエールに胸が熱くなった。

給水支援活動(有難うございました)

Photo

16日の朝外は真っ白、午前中雪が降り続いてました。救助活動をしてらっしゃる方々、避難所にいらっしゃる方々の事思い〝寒いだろうなぁ~〟と胸が痛くなります。

地震後、ライフラインがすべてストップしてしまいました。少し飲料水の在庫があったので飲み水には困りませんでしたが、長期戦なりそうなので水の確保は必要でした。かつさんは水の貰える所があれば何度も何度も行ってくれました。この写真は小学校のプールの水を貰っているところです。かつさんが目に涙を浮かべ話してくれました。地域の中学生が寒くて冷たいのに大人の中にまざって給水のお手伝いをしていた・・・と。感動して帰ってきました。何か自分にできる事から・・・まさに本当ですね。我が家には私の母88歳を連れて来ています。ガスの使えない、食料品が買えない状態で、あるものを工夫して調理して毎日の食を準備するのが、私に今出来る事だと思い頑張ってます。面白いもので普段考えもつかなかった事で何とかなってるんですよ。一日も早く笑い話になる様今は祈るしかありませんね。

被災後の朝(東北関東大震災)

150_2

写真にエッセイを載せる事が出来ません。あまりにも自分の頭や心で処理出来ない事が起きてしまいましたね。30年程前に宮城県沖地震も体験してて、一番被害の大きかった地域に住んでたので・・・その時も凄まじい恐怖を体験しましたが、今回はそれどころではありませんでした。宮城県の名取市に現在は住んでますが、津波で被害が大きかった海の方ではなく山手の方に住んでいたので津波の被害は受けませんでした。家もミサワホームの耐震構造がなされた住居だったので、家の被害もありませんでした。それでも42坪の2階建ての家がマッチ箱のように揺れゴーゴーという音と裏山が唸ってる音、家がゴトゴト、立ってられなかったです。なかなか治まらないのと恐怖で涙が止まりませんでした。そのうちに子供や孫、親兄弟の事が心配になり〝どうしよう、どうしよう〟とたった数分の揺れが凄く長く感じました。私は夫と二人で自営業をしてるので、地震の時はお手伝いの方と三人自宅事務所にいました。強い揺れが治まっても、かなり強い余震が何度も襲って来て、しばらくその場を動く事が出来ませんでした。やっと正気になれたのは4時頃だったでしょうか・・・。電気は切れ・・・まもなくライフラインはすべてストップ。それからの毎日は又お話する事にします。家族親戚の無事が2日かかって確認がとれホットしたら、友人知人の事が心配になって連絡して無理・・・。その中でも友人の娘さんの旦那さんとお姑さんが津波にのまれたらしい・・・との話が。娘さんはお腹が大きくて7月には二人目の赤ちゃんが産まれると言うのに。〝諦めてはダメよ。〟と抱きしめる事しかできませんでした。友人は津波が自宅の1階まで襲い、2階に一人で水がひくまで近所の同じ様に2階に取り残された方々と声かけあってたそうです。又お隣のご夫婦は流されてきた若い娘さんを引き上げ助けたそうです。そんな話聞いていても地獄のような光景を見た様な・・・。でもまだまだ大変な思いや辛い目にあっている人がいます。テレビのニュースはもう見たくありません。もっと必要な情報はあるはずです。被害の少なかった私達でさえ水不足や食料不足、燃料不足・・・贅沢は言えないけれど不自由な中頑張ってます。数人、数百人いえ数万人が一瞬にして命がなくなってしまう。こんな状況を目の前にして何にも何にもエッセイが創れません。この写真は13日夜明けに撮影したものです。自衛隊の救助ヘリコプターが被災地に向かい飛んでるのが写ってます。皮肉なものですね・・・。地震も自然の営みなら停電で地上が真っ暗な為、夜空に輝く星が見た事がないぐらい綺麗で地震のあった夜、庭からそんな空見上げていたら北極星の方へ向かって流れ星を見ました。自然のなせる業は人の力ではどうにもなりませんね。自然は人に何を語ってるんでしょうね。動物達をたくさん犠牲になった事でしょう。我が家の2匹の猫達も何が起こったか理解できず怯えてしまってます。そんな猫達を抱きしめるしか出来ない無力な小さい小さい人間でしかありません。

No.248 霜の花(笹/花言葉:ささやかなな幸せ)

248

人に喜んで貰える仕事ができれば、やりがいがあり充実した時間が持てる様に思うのね。生活の糧を得る為、自分にあってない仕事をしなければならない時もありますね。そんな時は多くのストレスをかかえてしまう事になるよね~。bomb

No.247 サンキャッチャー

247

サンキャッチャー(太陽を捕まえる)・・・パワーストーンでブレスレット等を作っている友人から贈られた物なのね。オレンジ色は今年のラッキーカラーと言う事で、先端には水晶石が付いており、これを日の光が入る場所に掛けて光を集めると良いことが起きますよ・・・と教えて貰ったのね。さっそく硝子窓にかけてみましたよ。虹色の光が部屋の中をキラキラ煌めいてますよ。sunshine

No.246 ひな人形

246

子供の頃から毎年見てきたお雛様、お雛様の歴史や形等・・・この歳になってゆっくり調べてみたり飾る意味等考えてみたりしましたよ。このお雛様は母の母から代々引き継がれてます。そろそろ娘に渡そうと思ってるのですが・・・娘の所は男の子が一人しかいません。そう思うと娘の後は誰が引き継いでくれるのでしょうか?confident

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

秋保天守閣公園・木の家

エステサロン おかあさん

アトリエの森 パート2

さくらの訪問看護ステーション

最近のトラックバック