笑顔 (東日本大震災)

  • 春の息吹き(いのち)
    東日本大震災より、丸6年が過ぎました。目で見える復興は本当にゆっくりですが進んでいます。ある人が、阪神淡路大震災も20年をかけ復興を考えた・・・。と話されてました、だとすればまだ たった6年しかたってません。震災に遭われた皆様の心の内を思うと、何もできない自分達の無力さばかりで胸を締め付けられます。でも今年も春が廻ってきました。大地の生命力、エネルギーが皆様の生きる力に寄添ってると信じたいです。私事ですが、私の母は今年93歳になります。関東大震災が起きたのは母が誕生する1年前で、祖父が復興を願い母の名を興子(おきこ)と名付けたそうです。母たちはその当時、満州国・奉天に住んでいて海の向こうの祖国の大災害を祖父たちがどれほど心を痛めていたか母の名前から想う事が出来ます。今の世の中は情報が伝わるのは一瞬の間。世界中で起きる災害を知り、それぞれの立場で出来る事で力を尽くしてます。その方々には本当に感謝の気持ちを持ち、何もできない私達はせめて忘れないでいたいものですね。7年目のこの一年、一人でも多くの方が当たり前の生活ができる様になれば良いと願っております。

☆フォトエッセイ集 言霊(ことだま)

  • 表紙 ケマンソウ(鯛釣草)
     なおかつ フォトエッセイ集 言霊(ことだま)を紹介します。 言霊(ことだま)は、皆様の応援をいただいて、私たち夫婦(なお&かつ)が心をこめて作ったフォトエッセイ集です。是非、ご覧になってください。一冊2500円で販売してます。また、ポストカードも1枚100円で販売してます。ご希望の方はメールでご注文をお受けしますので宜しくお願い申し上げます。     『言霊』取扱店舗紹介  ○秋保 木の家(仙台市太白区)  ○オーガニック・カフェ ダオタオ(岩沼市)  ○エステサロン おかあさん(名取市)  ○図面工房なおや(名取市) お陰様で『言霊』は完売いたしました。 有難うございました。 『言霊2』を出せる様頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

☆フォトエッセイDVD「半世紀」

  • 表紙
    なおかつが半世紀生きた今だからこそ思うこと・・・をDVDにまとめました。癒やしのクラッシックオルゴール音と共にフォトエッセイのスライドショウをご覧いただけます。価格は2,000円(税込)です。

☆Mariko.S An Illustration

  • M042 お昼寝
    真理子は〝なおかつ〟の長女です。娘の心の世界観を彼女の感性で描いてます。ご覧いただければ幸いです。

☆なおかつさんちの猫写真館☆

  • Earo_tiko_miko
    三毛猫エアロ♀ きじとら猫 チーコ♀ グレー猫 ミーコ♀はなおかつの家族です。 私達家族にかかわる、猫ちゃん・犬ちゃんの写真館です。

☆自然散歩の写真館☆

  • 36 水色日本雨蛙
    身近な自然を写真で紹介します。 ほとんどの写真が庭や散歩中に撮ったものです。 うさぎの鼻の上にとまっているウラギンシジミは、毎年やってきます。とてもなつっこいので以前飼ってた犬が生まれ変わって遊びに来ているのではと思ってます。

☆緑と彫刻の散歩道☆那智が丘

  • 38 《ZOOMORPHISM-雄》 杉山 仁氏
    団地の公園の中に☆緑と彫刻の散歩道☆という彫刻を紹介します。
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

No.245 感動(真雁/鳥言葉:流浪する魂)

245

話には聞いてました。南の方では、そろそろ渡り鳥の北帰行が始まった・・・と聞き朝4時起きして、自宅から一時間半程かかる伊豆沼まで高速道路を車走らせむかいました。途中夜が明けかけ空一面が柔らかいうす紫の世界に変わっていきました。〝間に合うかな?〟〝どうかな~・・・〟沼の近くまで着いた時、何と大勢の〝カメラおやじ〟?の姿がシルエットの様に目に飛び込んで来ました。急いで車から降り皆と同じ堤防に立った時、沼の向こうの空にオレンジの光が雲を切り一直線に走ったかと思った瞬間、何百羽もの水鳥が鳴き声と共に、幾重ものV字を作り、頭上目がけ飛び西の方へ消えて行きました。この一瞬の出来事、訳もわからない涙が込み上げてきて、飛び去る鳥たちを見上げ ただただ呆然として動く事ができませんでした。この瞬間 伊豆沼の・・・いやこの地球、宇宙のいとなみの中に自分がおかれている事への感動、そして宇宙の鼓動が全身を熱く駆け巡った感じでした。でもきっとこの感動はどんな言葉をもっても誰かに伝える事はできないなぁ~・・・。でも悔しいけど、私達より前からこの光景を見知ってる人いるんだよね~。〝百聞は一見にしかず〟という諺 まさにその通りですね。一度見てみたかった。話には〝すごいよ・・・〟って聞いてました。でも一度はこの場所に来て見なければ出会えなかったこの感動。誰かに何かにありがとうを叫びたい気持ちです。

No.244 熱気球(夢に向かって)

244

凛と寒さが肌に刺さる冬の朝、ゆっくりゆっくり一機、又一機と風に流されて行く。車を止めかつさんとなおさん暫し空を見上げていた。いつの間にか心は、熱気球に乗っていた・・・。少年や少女の気持ちに戻ってね。notes

No.243 杉の花(花言葉:雄大・堅固)

243

この季節は、かつさん泣かせの様です。カメラ片手にウォーキングに出かけても〝何も撮れなかった~。〟・・・と残念そうに帰って来ます。そんな中、杉の花を撮影して来ました。今年は昨年の10倍ぐらいの花粉が飛ぶとか・・・。みなさんお気をつけ下さいませ~。

No.242 過去は変えられる

242

ある方がお話された事の中に、〝過去は変えられる・・・。〟と普通は〝未来は変えられるけど過去は変えられない・・・。〟と言いますよね。でもこの方は自分が幸福になれれば、どんなに苦しかった過去でも、幸福になるために必要だった試練だったと感謝できるようになり、感謝の過去に変わる・・・。とclover

No.241 梅に雀(花言葉:高潔・上品・厳しい美しさ,鳥言葉:親孝行)

241

〝さがす〟本当の意味でこの言葉に出会えた様な気がするのね。押し付けではなく、驕りではなく、そして自分にとって大事なものだから探し続ける。探せた時、自分にとってどの様な事が起きるのかワクワクさせながらこれからの人生、生きていきなぁ~。heart02lovely

No.240 ビラカンサスの涙(花言葉:慈悲・傷つけないで)

240

〝強くなんかなれないよ・・・〟って言って、自分で受けた痛みをぐりぐり心に擦り付けてはいませんか?時にはじっと我慢して涙を流してみるのも強さなのでは?crying

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

秋保天守閣公園・木の家

エステサロン おかあさん

さくらの訪問看護ステーション

最近のトラックバック