フォト

☆自然散歩の写真館☆

  • 36 水色日本雨蛙
    身近な自然を写真で紹介します。 ほとんどの写真が庭や散歩中に撮ったものです。 うさぎの鼻の上にとまっているウラギンシジミは、毎年やってきます。とてもなつっこいので以前飼ってた犬が生まれ変わって遊びに来ているのではと思ってます。

☆なおかつさんちの猫写真館☆

  • Earo_tiko_miko
    三毛猫エアロ♀ きじとら猫 チーコ♀ グレー猫 ミーコ♀はなおかつの家族です。 私達家族にかかわる、猫ちゃん・犬ちゃんの写真館です。

☆緑と彫刻の散歩道☆那智が丘

  • 38 《ZOOMORPHISM-雄》 杉山 仁氏
    団地の公園の中に☆緑と彫刻の散歩道☆という彫刻を紹介します。

☆Mariko.S An Illustration

  • M042 お昼寝
    真理子は〝なおかつ〟の長女です。娘の心の世界観を彼女の感性で描いてます。ご覧いただければ幸いです。

☆フォトエッセイ集 言霊(ことだま)

  • 表紙 ケマンソウ(鯛釣草)
     なおかつ フォトエッセイ集 言霊(ことだま)を紹介します。 言霊(ことだま)は、皆様の応援をいただいて、私たち夫婦(なお&かつ)が心をこめて作ったフォトエッセイ集です。是非、ご覧になってください。一冊2500円で販売してます。また、ポストカードも1枚100円で販売してます。ご希望の方はメールでご注文をお受けしますので宜しくお願い申し上げます。     『言霊』取扱店舗紹介  ○秋保 木の家(仙台市太白区)  ○オーガニック・カフェ ダオタオ(岩沼市)  ○エステサロン おかあさん(名取市)  ○図面工房なおや(名取市) お陰様で『言霊』は完売いたしました。 有難うございました。 『言霊2』を出せる様頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

☆フォトエッセイDVD「半世紀」

  • 表紙
    なおかつが半世紀生きた今だからこそ思うこと・・・をDVDにまとめました。癒やしのクラッシックオルゴール音と共にフォトエッセイのスライドショウをご覧いただけます。価格は2,000円(税込)です。

笑顔 (東日本大震災)

  • 春の息吹き(いのち)
    東日本大震災より、丸6年が過ぎました。目で見える復興は本当にゆっくりですが進んでいます。ある人が、阪神淡路大震災も20年をかけ復興を考えた・・・。と話されてました、だとすればまだ たった6年しかたってません。震災に遭われた皆様の心の内を思うと、何もできない自分達の無力さばかりで胸を締め付けられます。でも今年も春が廻ってきました。大地の生命力、エネルギーが皆様の生きる力に寄添ってると信じたいです。私事ですが、私の母は今年93歳になります。関東大震災が起きたのは母が誕生する1年前で、祖父が復興を願い母の名を興子(おきこ)と名付けたそうです。母たちはその当時、満州国・奉天に住んでいて海の向こうの祖国の大災害を祖父たちがどれほど心を痛めていたか母の名前から想う事が出来ます。今の世の中は情報が伝わるのは一瞬の間。世界中で起きる災害を知り、それぞれの立場で出来る事で力を尽くしてます。その方々には本当に感謝の気持ちを持ち、何もできない私達はせめて忘れないでいたいものですね。7年目のこの一年、一人でも多くの方が当たり前の生活ができる様になれば良いと願っております。
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

No.138 黄薔薇(花言葉:変わらぬ友情・あなたをかげながら応援しています)

138_2

現代は何でもかんでもコンピューターが活躍する世の中で便利に利用してますが、電気が使えなかったら大変な事ですよね・・・。私も古い人間なのでしょうね!コンピューターはどうも冷たく感じてしまいます。将棋の羽生名人が言ってました・・・まだ人はコンピューターに勝てると。heart02

No.137 ライラック(花言葉:友情・思い出)

137

主人が15年振りに再会した大学時代の友人と話している姿を遠目に見た。懐かしそうに、嬉しそうに、楽しそうに話していた。後で主人から聞かされた・・・彼は大病で大きな手術をして大変だったと。それでもお互いまだまだ家族の為、自分の為頑張ろうと言葉にはしなかったが思いがそう語っていた事を・・・confidentgood

No.136 ピンク雪柳(花言葉:愛嬌・愛らしさ・懸命・静かな思い)

136

だれもが信じる事の難しさを知ってると思う。裏切られた事の無い人なんているのかな?自分を信じる事もなかなか難しい事だと感じている人もいると思う。でも信じる事から何事も始まるよね。punch

No.135 筍(花言葉:多くの仲間・節度・節操)

135

娘夫婦と孫連れて、たけのこ刈りに行ってきました。今年は猪にたけのこ食べられて・・・と聞きました。娘の飼っているビーグル犬一緒に連れて行き山に放したら、孫と一緒に大喜びで走り回ってました。採ったたけのこを犬が ガリガリ食べだしたのにはビックリしました。猪が喜んで食べる話に納得しました。それにしてもニョキニョキ天に向かって伸びているたけのこに元気をもらって来ました。scissors

No.134 林檎の花(花言葉:最も美しい人へ・名声・選択)

134

友人の娘さんがひとつの恋を終わらせたんだけど傷心が癒えないまま仕事のため外国の地に一人旅発つと言う。なおかつのエッセイを何点か胸に抱いて・・・。目に涙を浮かべ話してくれた。遠い遠い昔、私にも覚えがある。辛さは誰から何を言われても時が経たなければ癒えるものではないと思う。でも癒えるまでの時間は必ず美しく素敵な女性へと成長させてくれるはずだよ。なおかつからエールだよscissors

NO.133 白雪柳(花言葉:愛嬌・気まま・自由・殊勝)

133

なんで人はなかなか素直になれないんでしょうね。お腹の中ではとっくに解っていても〝はい〟って言えない。悲しいね・・・・weep

No.132 花蘇芳(花言葉:高貴・質素・豊かな生涯・目覚め)

132

この歳まで生きて来ると、自分の身の上に起きた事全てが今の自分になるために必要だったんだと心から思える。苦労したとか、大変だったとか、強がりではなく思っていない。むしろ今までの10年よりこれからの10年を生きる方が大変なのかもしれないなあsign02

No.131 躑躅(花言葉:自制心・節制・恋の喜び)

131

一週間個展で草花を見れなかったら、桜の花は散り、その代りに葉っぱの優しい緑色が心を和ませてくれる。リンゴの花が満開、そして色とりどりのつつじが目を楽しませてくれたよ。clover

なお&かつ Photo Essey展

001

2_3

1_2

2_4 

5日間の初めての個展が終わりました。夢の様な日々、そして不思議な空間でした。お手伝いの方を含みお客様の人数をトータルしたら514人とビックリです。お出でいただいた方には、あらためてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。これからも主人と二人で自然体でフォトエッセイ創り続けて行きたいと思っております。そして何時の日か又皆様に観て頂ける事夢見たいと思います。happy01

No.130 猫の目草(花言葉:誠実・変化)

130

水には不思議な力があるそうです。怒ってる心、悲しんでる心、穏やかな時、嬉しい時、水は全て写しだすそうです。

名前を訂正します。猫の目草という植物でした。ごめんなさい。果実が出来ると二つに裂けて種が見え、それが猫の瞳孔に見えることからその名があるそうです。

No.129 赤(木瓜) (花言葉:熱情・妖精の輝き)

129

赤い色に何を思われますかsign02。心が沈んでいる時は赤がとても厄介な色に見え、心が燃えている時は大好きな色になりませんか・・・。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

秋保天守閣公園・木の家

エステサロン おかあさん

アトリエの森 パート2

さくらの訪問看護ステーション

最近のトラックバック