フォト

☆自然散歩の写真館☆

  • 36 水色日本雨蛙
    身近な自然を写真で紹介します。 ほとんどの写真が庭や散歩中に撮ったものです。 うさぎの鼻の上にとまっているウラギンシジミは、毎年やってきます。とてもなつっこいので以前飼ってた犬が生まれ変わって遊びに来ているのではと思ってます。

☆なおかつさんちの猫写真館☆

  • Earo_tiko_miko
    三毛猫エアロ♀ きじとら猫 チーコ♀ グレー猫 ミーコ♀はなおかつの家族です。 私達家族にかかわる、猫ちゃん・犬ちゃんの写真館です。

☆緑と彫刻の散歩道☆那智が丘

  • 38 《ZOOMORPHISM-雄》 杉山 仁氏
    団地の公園の中に☆緑と彫刻の散歩道☆という彫刻を紹介します。

☆Mariko.S An Illustration

  • M042 お昼寝
    真理子は〝なおかつ〟の長女です。娘の心の世界観を彼女の感性で描いてます。ご覧いただければ幸いです。

☆フォトエッセイ集 言霊(ことだま)

  • 表紙 ケマンソウ(鯛釣草)
     なおかつ フォトエッセイ集 言霊(ことだま)を紹介します。 言霊(ことだま)は、皆様の応援をいただいて、私たち夫婦(なお&かつ)が心をこめて作ったフォトエッセイ集です。是非、ご覧になってください。一冊2500円で販売してます。また、ポストカードも1枚100円で販売してます。ご希望の方はメールでご注文をお受けしますので宜しくお願い申し上げます。     『言霊』取扱店舗紹介  ○秋保 木の家(仙台市太白区)  ○オーガニック・カフェ ダオタオ(岩沼市)  ○エステサロン おかあさん(名取市)  ○図面工房なおや(名取市) お陰様で『言霊』は完売いたしました。 有難うございました。 『言霊2』を出せる様頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

☆フォトエッセイDVD「半世紀」

  • 表紙
    なおかつが半世紀生きた今だからこそ思うこと・・・をDVDにまとめました。癒やしのクラッシックオルゴール音と共にフォトエッセイのスライドショウをご覧いただけます。価格は2,000円(税込)です。

笑顔 (東日本大震災)

  • 春の息吹き(いのち)
    東日本大震災より、丸6年が過ぎました。目で見える復興は本当にゆっくりですが進んでいます。ある人が、阪神淡路大震災も20年をかけ復興を考えた・・・。と話されてました、だとすればまだ たった6年しかたってません。震災に遭われた皆様の心の内を思うと、何もできない自分達の無力さばかりで胸を締め付けられます。でも今年も春が廻ってきました。大地の生命力、エネルギーが皆様の生きる力に寄添ってると信じたいです。私事ですが、私の母は今年93歳になります。関東大震災が起きたのは母が誕生する1年前で、祖父が復興を願い母の名を興子(おきこ)と名付けたそうです。母たちはその当時、満州国・奉天に住んでいて海の向こうの祖国の大災害を祖父たちがどれほど心を痛めていたか母の名前から想う事が出来ます。今の世の中は情報が伝わるのは一瞬の間。世界中で起きる災害を知り、それぞれの立場で出来る事で力を尽くしてます。その方々には本当に感謝の気持ちを持ち、何もできない私達はせめて忘れないでいたいものですね。7年目のこの一年、一人でも多くの方が当たり前の生活ができる様になれば良いと願っております。
無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

No.101 蕗のとう(花言葉:待望・仲間・真実は一つ)

101

2月なのに5月の陽気が続き、誘われるように蕾がふくらみ弾けんばかりにふくらんでるよ。ふきのとうもこんなに芽が出て春が少しずつ少しずつ近づいてるね。三寒四温が繰り返され暖かくなって行くんだけど、東北の本当の春まではもう少しの辛抱だね。お天気のいい日に外に出て小さな春を見つけるのもいいもんですよbud

No.100 猫柳(花言葉:努力が報われる・思いのまま)

100

私は季節の中で今が一番好きです。まだまだ寒いんだけど何となく吹く風が春の匂いを感じさせてくれたり、山がひよこの毛の様にポワポワになってきたり、太陽の光が今までとはちょっと違ってキラキラしてきたり・・・やがてあたりがピンク色に染まるのを予感させる期待感。ワクワクして来る今の季節が大好きなんですshineshine

No.99 万両(花言葉:寿ぎ・陰徳・徳のある人)

099

いろいろな経験は、決して無駄な事が無いと昔から言いますね。可愛い子には旅をさせろとか・・・いっばいいろんな事があって、乗り越え心の袋に入れると袋は大きく深い物になると思うのね。そしてそんな方とお話すると自分の悩みや、嬉しかった事、自分の事のように心の袋のひもをほどいて聞き入れてくれるよね。

No.98 鳶(鳥言葉:品行方正)

098

簡単に逃れられない苦しみや辛さが重く自分に覆いかぶさっていた時は、頭の上は何時も真っ暗だったのね。でも思い切ってとってみたら、今まで何してたんだろうって思えるぐらい何処までも何処までも続く青空と自由があったのよnote

No.97 お雛様

097

祖母から母へ、母から私へ。このお雛様はひとつひとつの大きさが3cmぐらいの小さなものですが、木目込みのお人形様です。少し壊れた所もありますが、大事に大事にしてきました。やがて娘に渡そうと思ってますが・・・残念ながら孫は男の子だけ。100年後このお雛様大事に受け継がれているだろうか。

No.96 夢雲

096

主人と二人で何かをやってみようと夢みました。フォトエッセイを作りブログデビューして小さな夢がかないました。そして作品が100出来たら個展をやってみたいね・・・と又小さな夢みました。そしたら個展が5月に出来る事になりでっかいでっかい夢が叶いそうです。

No.95 足あと

095

この冬一番雪が降り積もりました。真っ白な雪の上、我が家のニャンコ達がかわいいかわいい足跡の模様をつけてくれました。

No.94 雪のキャンバス

094

真っ白で眩しいぐらいの雪模様。心が洗われる思いがしますね。真っ白な画用紙が目の前にあったら、今の私ならきっと緑色の色鉛筆で葉っぱを描くでしょうね。club

No.93 梅蕾(花言葉:気品・高潔・忍耐・忠実・厳しい美しさ)

93_4

誰にも少女時代から娘へと大人になった頃、夢や期待に胸ふくらませた時があったはず。まだまだ春にはほど遠いのにこんなに蕾がふくらんでしまって・・・・もう少しゆっくりで良いんだよゆっくりでね・・・。

No.92 桃蕾(花言葉:辛抱・忍耐・懐かしい日・愛)

92_2

あの人は〝打たれ強いから・・〟なんて言う人いるけれど、それって凄い事よね。体や精神を早くから鍛えてきたという事よね。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

秋保天守閣公園・木の家

エステサロン おかあさん

アトリエの森 パート2

さくらの訪問看護ステーション

最近のトラックバック