フォト

ブログランキング

最近のトラックバック

☆Mariko.S An Illustration

  • M042 お昼寝
    真理子は〝なおかつ〟の長女です。娘の心の世界観を彼女の感性で描いてます。ご覧いただければ幸いです。

笑顔 (東日本大震災)

  • 春の息吹き(いのち)
    東日本大震災より、丸6年が過ぎました。目で見える復興は本当にゆっくりですが進んでいます。ある人が、阪神淡路大震災も20年をかけ復興を考えた・・・。と話されてました、だとすればまだ たった6年しかたってません。震災に遭われた皆様の心の内を思うと、何もできない自分達の無力さばかりで胸を締め付けられます。でも今年も春が廻ってきました。大地の生命力、エネルギーが皆様の生きる力に寄添ってると信じたいです。私事ですが、私の母は今年93歳になります。関東大震災が起きたのは母が誕生する1年前で、祖父が復興を願い母の名を興子(おきこ)と名付けたそうです。母たちはその当時、満州国・奉天に住んでいて海の向こうの祖国の大災害を祖父たちがどれほど心を痛めていたか母の名前から想う事が出来ます。今の世の中は情報が伝わるのは一瞬の間。世界中で起きる災害を知り、それぞれの立場で出来る事で力を尽くしてます。その方々には本当に感謝の気持ちを持ち、何もできない私達はせめて忘れないでいたいものですね。7年目のこの一年、一人でも多くの方が当たり前の生活ができる様になれば良いと願っております。

☆緑と彫刻の散歩道☆那智が丘

  • 38 《ZOOMORPHISM-雄》 杉山 仁氏
    団地の公園の中に☆緑と彫刻の散歩道☆という彫刻を紹介します。

☆フォトエッセイ集 言霊(ことだま)

  • 表紙 ケマンソウ(鯛釣草)
     なおかつ フォトエッセイ集 言霊(ことだま)を紹介します。 言霊(ことだま)は、皆様の応援をいただいて、私たち夫婦(なお&かつ)が心をこめて作ったフォトエッセイ集です。是非、ご覧になってください。一冊2500円で販売してます。また、ポストカードも1枚100円で販売してます。ご希望の方はメールでご注文をお受けしますので宜しくお願い申し上げます。     『言霊』取扱店舗紹介  ○秋保 木の家(仙台市太白区)  ○図面工房なおや(名取市) お陰様で『言霊』は完売いたしました。 有難うございました。 『言霊2』を出せる様頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

☆自然散歩の写真館☆

  • 36 水色日本雨蛙
    身近な自然を写真で紹介します。 ほとんどの写真が庭や散歩中に撮ったものです。 うさぎの鼻の上にとまっているウラギンシジミは、毎年やってきます。とてもなつっこいので以前飼ってた犬が生まれ変わって遊びに来ているのではと思ってます。

☆なおかつさんちの猫写真館☆

  • Earo_tiko_miko
    三毛猫エアロ♀ きじとら猫 チーコ♀ グレー猫 ミーコ♀はなおかつの家族です。 私達家族にかかわる、猫ちゃん・犬ちゃんの写真館です。

☆フォトエッセイDVD「半世紀」

  • 表紙
    なおかつが半世紀生きた今だからこそ思うこと・・・をDVDにまとめました。癒やしのクラッシックオルゴール音と共にフォトエッセイのスライドショウをご覧いただけます。価格は2,000円(税込)です。

PHOTO LIBRARY

No.659 茶の木 ( 花言葉:誠実な心・追憶)

659_1000

茶畑に花が咲いている光景は見たことがないですね。

お茶の花・・・。椿の花を小さくしたような可愛い花なんですね。

花や実は樹にとってはエネルギーを使うことなので

お茶生産者さんは葉に、より栄養分が蓄えられるよう

すぐ摘み取ってしまうそうです。

10月~11月頃、里山に自然に咲いているお茶の花に出逢えますよhappy01good

歳を重ねた分だけ、生きるすべを語ることできるけど、

世の中の変わり様には、なかなか付いて行くのは難しいsign01

自分も若いときは、ごく自然に世の中の動きを、何の違和感もなく

受け入れてた気がする。

いつの頃からだろうか、 「もう無理・・・若い人たちに任せた。」と

立ち止まった気がする。

それでも、世の中はどんどん変化していて・・・。

その世の中に生きている以上、身を置いている以上

少しは、若い人達の話にも耳を傾けないとね・・・。

今の自分頭が、パンクしない程度にね・・・thinkpaper

No.656 枸杞 ( 花言葉:お互い忘れましょう )

659_1000

クコの花は、8月~11月にかけて草原や水辺に生える落葉低木です。

中華料理店などで、杏仁豆腐の上に赤い実がのってきますね。

クコは茎、葉、花、実すべてが薬用に使用されます。

歳をとったせいで、耳の聞こえが悪くなりました。

耳が聞こえないと言っても、音は聞こえてるんですearnotesgood

なんと話しているのかが、良くわからないのねsign02

めんどくさいから返事をしない・・・。

すると、誰かさんが大きな声で怒鳴ってるannoy

何で怒られてんのbearing

怒ってないsign01pout

だってwobbly

秋保温泉 ゆめの森 「らべんだぁ」さんでなおかつフォトエッセイ展示会開催中

仙台秋保温泉

手づくりの山里 ゆめの森にある「らべんだぁ」さんで展示会が始まりました。

0_2

展示風景
2_2

Img_49761

昨年に続き、2回目の展示会となります。

自然の恵みに感謝・人と人との出逢いに感謝。

今回のテーマは「感謝」です。

ゆめの森では、収穫祭等いろんなイベントも開催してます。

是非、お越しください。

No.657 白曼珠沙華 (花言葉:再会・また会う日を楽しみに)

657_1000

秋のお彼岸も過ぎ、10月になってしまいましたね。scissors

地震やら、台風やら大荒れのニュースが立て続きに流れています。

日本だけではなく、世界のあっちこっちで・・・。

皆様のところは被害にあわなかったでしょうか?

また、被害にあわれた方には心からお見舞い申し上げます。

先日のお彼岸には、久しぶりにご先祖様や親のお墓を5ヶ所お参り

しました。何で墓地は山の上とかに多いのか、結構きつい坂を登らなけ

ればならなくてフーフー、ハーハー言いながら参りました。

年々、お墓参りも大変になって行きますね。

街の中のお寺さんに墓地のある方は羨ましいで~す。

こんなこと言ってたら罰があたりますね・・・confidentpaper

でもお参りを全部済ませた後は、何とも心が軽くなり、清清しい気分に

なりました。また春のお彼岸まで、ご先祖様に護っていただける様な

気がしましたhappy01good

No.655 夏水仙 (花言葉:快い楽しさ・深い思いやり)

655_1000

夏水仙、別名リコリス。彼岸花科の多年草です。

和名、夏水仙は花期に葉が無いところから別名ハダカユリ(裸百合)とも

呼ばれているとか…。8~9月にかけて人里近い山野や道端で見る事が

できる花です。上品なピンクの色合いは群生すると見事な風景を作り出

します。

思いやりを伝えられたり、感じる心の優しさ常に持ちたいものですねwinkgood

虹の彼方へ

2018082201_700

2018082202_1000

親しい友がまた一人、虹の彼方へ逝ってしまうのを見送った。

年齢を重ねるという事は、周りの人々を見送る役目もある事を

あらためて想わされた。

若い時には、感じなかった残された命の時間・・・。

老いるとは、こういうことなんだね。

この年齢になってみなければわからない想い。

想像以上に重く、残された日々の愛おしさを感じた一日だった。

感謝と共に、ご冥福お祈りいたします。

ゆと森倶楽部遊学ギャラリーでの「いのち」展 終了しました。

遠刈田温泉 ゆと森倶楽部遊学ギャラリーでの「いのち」展

無事に終了しました。

おいで下さった皆様、本当に有難うございました。

Img_0106

また、お逢い出来ることを楽しみにしております。

No.650 丸葉岳蕗 ( 花言葉:先見力・わずかな愛 )

650_1000

経験した事のない災害とか、経験した事のない猛暑とか・・・。

最近、この経験した事のない○○○って多いですね。

経験した事のない事が、この先目の前に訪れたら自分達は

どうなるのだろうかsign02

積み重ねて来た経験の中から、知恵を絞り助け合い乗り切って

行くしかないですねthinkgood

遠刈田温泉ゆと森倶楽部_なおかつフォトエッセイ「いのち」展始まりました

宮城県遠刈田温泉ゆと森倶楽部_なおかつフォトエッセイ「いのち」展始まりました。

今回の展示テーマは「いのち」です。

 いとおしいとき(愛おしい時)、はぐくむ(育む) 、そして今回はいのち(命)と3回目の展示となりました。

  「自分の命」を自分自身に問うてみた時、「命」は自分以外の命を想っていた事に気がつきました。

   今年になってから、同じ年代の数人の大切な友を見送ることになり想いました。命を失う心の痛み、命ある事の奇跡、愛する者の命は守りたいすべての命は平等であるべき々。

自分の命の答えは自然界の草花や宇宙の営みの中にありました。まだ、全ての答えは出ていませんが自然界に目を向けていると年々心穏やかになって行く様な気がしております。
                                       記 なお

Photo_2


1000

蔵王の自然の中、とても素敵な森の小さなギャラリーへ是非お越しください。

No.647 白詰草 ( 花言葉:約束・思い出して )

647_1000_2

クローバーの花を上から撮影したら、万華鏡を覗いた様ですwinkgood

今年は、天候のせいか庭にクローバーが沢山咲きました。

歩くのも 難しい程でしたが そのまま伸び放題に咲かせ、

まさに、クローバー畑を 楽しんでいましたclover

何となく、懐かしいような気もしてね・・・lovely

自然のなせる美しさは、変わることなく感動ですねhappy01scissors

«No.653 雪の下 ( 花言葉:好感・恋心・博愛 )

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

秋保天守閣公園・木の家

アトリエの森 パート2

さくらの訪問看護ステーション